SK IP LAW FIRM

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


SK特許業務法人
〒150-0012
東京都渋谷区広尾3-12-40
広尾ビル4階
TEL 03-6712-6985
FAX 03-6893-1412

SK特許業務法人の知財戦略ブログ

SK特許業務法人 特許実務メモ

 

 

■SKIPでは、機械・電機・IT系の明細書を、設計図1枚を基に書き起こします

SK特許業務法人は、クライアントの発明者、知財部門の皆様との良好なコミュニケーションによ り、一枚の設計図から、良質なクレーム、明細書を書き起こすことを大切にしています。

皆様には、研究開発、知財戦略などに専念して頂き、複雑な知財の権利化手続きはSKIP(省力) して頂くことが私たちの願いです。これを基本に、知財の創造と未来の革新に貢献していければと思っています。

知財の創造を通じて未来の革新を目指す、イノベーション型企業(研究開発型企業)のクリエイター(研究者・技術者・知的財産部)の皆様、まずは、気軽に楽しく弊所と一緒にSKIPしてください。

 

■Q.弁理士って研究者の発明者原稿の「てにをは」を直してるだけじゃないの?

どきっ(鋭いツッコミやなあ・・・汗)。そ、そんなことないですよ。SK特許業務法人は、大学・公的研究機関・ベンチャー企業のクライアントも多いため、弁理士・特許技術者が、発明者と1~2時間程度の面談をして、自分でゼロから明細書を書き起こすことが多いです。その場合には、本当に発明者からもらった設計図1枚から明細書を書き起こすことも(大変ですが・・・)普通にあります。その際、3D-CADのデータを頂いて、そのデータを加工しながら色々な角度からみた図面、断面図などをSKIPの方で作成し、色々な変形例も3D-CADのデータを加工して作成することも多いです。

 

そのために、SKIPでは、機械・電機・IT系の弁理士・特許技術者が、発明者からもらった設計図1枚から明細書を書き起こすことができるように、機械・電機・IT系の技術者への3D-CAD+3D-マウスの支給をしています。

 

機械・電機・IT系の技術者に支給したのは下記の3D-CAD

 

機械・電機・IT系の技術者に支給したのは下記の3D-マウス


SKIPの機械・電機・IT系の技術者は、3D-マウスをぐりぐり操作してサクサクと3D-CADで立体図面を作成できるようになるための3D図面作成のための勉強会なども開いて、積極的に図面作成の腕を磨き続けています。

 

もちろん、大企業の研究者が作成してくれた発明者原稿をブラッシュアップすることもありますが、その場合も単に「てにをは」を直して、明細書の書式にはめ込むのでは無くて、先行技術文献との差別化、クレームのサポート要件・実施可能要件を満たす図面(および実施形態の説明)の補充、クレームの周縁を明確化するための変形図面(および実施形態の変形例)の補充なども行います。

 

SKIPでは、クライアント企業からいただく貴重な報酬にふさわしい付加価値を発明者原稿に付け加える仕事をしていると自負しております。