SK IP LAW FIRM

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


SK特許業務法人
〒150-0012
東京都渋谷区広尾3-12-40
広尾ビル4階
TEL 03-6712-6985
FAX 03-6893-1412

SK特許業務法人の知財戦略ブログ

SK特許業務法人 特許実務メモ

 

 

■特許・実案・意匠・商標なんでもよろず相談所

SKIPでは、「特許・実案・意匠・商標なんでもよろず相談所」として無料相談を開催しております。

 

SKIPでは、特許・実用新案・意匠・商標の出願手続、調査、鑑定、異議申立、無効審判、訴訟はもちろん、日米欧中韓台の制度や知的財産権全般について弁理士(外国弁理士・弁護士を含む)・特許技術者が無料で相談に応じますので、お気軽にご利用下さい。なお、SKIPの特許・実案・意匠・商標なんでもよろず相談所は、ご来訪によるご相談だけでなく、お 電話によるご相談も受け付けております。

 

なお、コンフリクト(利益相反)などの理由によって、ご相談事項やご依頼事項によっては、応じられない場合がありますので、ご相談の際には予めご確認下さい。

 

ご来訪によるご相談希望の方は、待たずにご相談していただくために、電話(TEL 03-6712-6985)またはメール(info@skiplaw.jp)による予約をお願いします

 

相談を受ける際の注意事項

(1)SKIPの無料相談は、特許、実用新案、意匠及び商標に関する出願、請求、その他の手続等、弁理士の業務に属する事案についての相談に無料で応ずるものです。

(2)無料であっても、相談に応じるSKIPの弁理士(外国弁理士・弁護士を含む)・特許技術者は誠意をもって相談に応じますが、相談内容によっては回答に限度があり、また、相談に応じかねる場合もありますことを予めご了承下さい。

(3)短時間で限られた資料の範囲内で相談をお受けしアドバイスするため、ご相談内容について、相談に応じるSKIPの弁理士(外国弁理士・弁護士を含む)・特許技術者が法的責任を負うものではないことを予めご了承下さい。

(4)多くのご相談に応ずるため、ご相談時間には限度がありますことをご承知おき下さい。(原則として1時間以内)

(5)無料相談の結果、SKIPに対して調査、出願等のお仕事をご依頼された場合には、通常の受任事件として有料となります。

(6)SKIPの報酬額は、SKIPの標準料金表(または割引料金表)に基いて交渉してください。金額は、事件の種類、内容、難易度などによって、異なりますので、詳細はSKIPの弁理士(外国弁理士・弁護士を含む)・特許技術者にお尋ね下さい。

 

■Q.特許法上の発明+産業上の利用性って何?

技術的なアイデアは特許法で保護されることになります。アイデア自体は著作権法では保護されませんのでご注意ください。  

特許法による保護を受けるためには、特許庁に対して特許出願をする必要があります。

また、特許法で定められた特許要件(法上の発明、産業上の利用性、新規性、進歩性など)を満たしている必要があります。  

法上の発明となるためには、「自然法則を利用し、産業上利用することができる技術的思想の創作」でなければなりません。

そのため、永久機関のような自然法則に反するもの、万有引力の法則など単なる自然法則の発見にすぎないもの、販売促進方法、商品陳列方法などは、法上の発明には該当しません。  

また、熟練者など特定の人のみ行えることや勘やコツなども法上の発明には含まれません。  

ITバブルの時期にマスコミなどで騒がれたビジネスモデル特許は、ビジネス方法自体ではなく、ビジネス方法をコンピュータやインターネットを利用して実現している場合に限って、ソフトウェア関連発明として法上の発明になります。

さらに、未完成の発明や、人間の体の一部を原料とする薬のように人体を発明必須の要件とする発明は、産業上の利用性が無いとされ、特許法による保護を受けることができません。

また、特許庁の解釈として医療は産業に含まれないことになっているので人間に対する治療方法は産業上の利用性が無いとされます。

特許法上の発明に該当するかどうか、産業上の利用性があるかどうか迷ったら、SKIPの弁理士(外国弁理士・弁護士を含む)・特許技術者にご相談ください。