SK IP LAW FIRM

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


SK特許業務法人
〒150-0012
東京都渋谷区広尾3-12-40
広尾ビル4階
TEL 03-6712-6985
FAX 03-6893-1412

SK特許業務法人の知財戦略ブログ

SK特許業務法人 特許実務メモ

 

 

■SKIPでは、機械・電機系の弁理士・特許技術者が、日夜図面作成のテクニックを磨いています

SK特許業務法人では、図面は全面的に内製化しており、所内の明細書作成を担当する弁理士・特許技術者が自ら図面を作成することにしています。

 

特許の明細書を作成する上で、化学・バイオ・材料系の図面は比較的簡単なものが多いのですが、機械・電機系の図面はかなり複雑になることが多いです(なお、IT系の図面は、フローチャートと機能ブロック図だけになることが多く、割りと簡単なものが多いです)。

 

そのため、一般的な特許事務所では、機械・電気系の図面を書くのは大変なので、図面会社またはフリーの図面作成者に外注して図面を書いてもらっているケースが多いです。このように図面を外注するのには、良い点もあります。図面会社またはフリーの図面作成者は、普段からひたすら図面を書いているため、図面作成スキルが高いことが多いためです。また、ぶっちゃけると、弁理士・特許技術者が自ら図面を書くよりも、外注先に図面作成を頼んだほうが安く済むことも多いというメリットもあります。

 

しかし、図面を外注することには、図面の下書工程+図面作成工程+チェック工程などの複数の工程が絡むために、どうしても図面作成スピードが遅くなるというデメリットがあります。

 

例えば、急ぎの特許出願の依頼を受けた場合に、図面会社のスケジュールが立て込んでいて、納期までに図面作成が間に合わないことがあります。また、一般的には、弁理士または特許技術者は、特許の明細書を書きながら図面案をどんどん修正していくことが多いため、図面の下書きが完成するのは特許の明細書が書き上がってからになることが多いです。すると、それから図面会社に図面の発注をしていると、やはり納期までに図面作成が間に合わないことがあります。さらに、クライアントから特許の明細書および図面の修正の依頼が入った場合に、図面会社に図面の修正を依頼していると、やはり修正明細書および修正図面の納期に間に合わないことがあります。

 

この問題を解消するために、大手の特許事務所の中には、所内にわざわざ専任の図面担当者を配置しているケースもあります。この場合には、図面会社またはフリーの図面作成者を使うよりは、レスポンスは改善されますが、やはり図面担当者が休みを取った場合や、スケジュールが立て込んでいる場合には、納期までに図面作成が間に合わないことがあります。また、数少ない専任の図面担当者に仕事が集中して、図面作成のキャパシティがパンクしてしまい、図面作成の工程が、所内業務のボトルネックになってしまうこともよくあります。

 

また、図面を外注することには、図面の下書工程+図面作成工程+チェック工程などの複数の工程が絡むために、どうしても費用がかさんでしまうという問題もあります。

 

これらの問題を解消するために、SKIPでは、簡単な化学・バイオ・材料系+IT系の図面だけでなく、難しい機械・電機系の図面も内製化することを基本にしています。もちろん、そのためには、エクセルやパワーポイントで図面を書いているようでは駄目で、イラストレーターや、3D-CADなどを使いこなせるスキルを身に着けなければなりません。

 

弁理士・特許技術者として一人前になるためには、少なくとも科学技術+法律+語学の3つをマスターしなければなりません。それだけでも大変なのに、さらに3D-CADまで勉強しなきゃいけないのかよ、勘弁してくれよ・・・と言いたくなりますが、これを乗り越えなければ、機械・電気系の分野では、クライアントに満足のいくサービスを提供できないため、若手の機械・電気系の弁理士・特許技術者には、下記のように、3D-CAD+3D-マウスを支給して、3D-CADを用いた図面作成の勉強をしてもらっています。

 

■Q.弁理士って研究者の発明者原稿の「てにをは」を直してるだけじゃないの?

どきっ(鋭いツッコミやなあ・・・汗)。そ、そんなことないですよ。SK特許業務法人は、大学・公的研究機関・ベンチャー企業のクライアントも多いため、弁理士・特許技術者が、発明者と1~2時間程度の面談をして、自分でゼロから明細書を書き起こすことが多いです。その場合には、本当に発明者からもらった設計図1枚から明細書を書き起こすことも(大変ですが・・・)普通にあります。その際、3D-CADのデータを頂いて、そのデータを加工しながら色々な角度からみた図面、断面図などをSKIPの方で作成し、色々な変形例も3D-CADのデータを加工して作成することも多いです。

 

そのために、SKIPでは、機械・電機・IT系の弁理士・特許技術者が、発明者からもらった設計図1枚から明細書を書き起こすことができるように、機械・電機・IT系の技術者への3D-CAD+3D-マウスの支給をしています。

 

機械・電機・IT系の技術者に支給したのは下記の3D-CAD

 

機械・電機・IT系の技術者に支給したのは下記の3D-マウス


SKIPの機械・電機・IT系の技術者は、3D-マウスをぐりぐり操作してサクサクと3D-CADで立体図面を作成できるようになるための3D図面作成のための勉強会なども開いて、積極的に図面作成の腕を磨き続けています。

 

もちろん、大企業の研究者が作成してくれた発明者原稿をブラッシュアップすることもありますが、その場合も単に「てにをは」を直して、明細書の書式にはめ込むのでは無くて、先行技術文献との差別化、クレームのサポート要件・実施可能要件を満たす図面(および実施形態の説明)の補充、クレームの周縁を明確化するための変形図面(および実施形態の変形例)の補充なども行います。

 

SKIPでは、クライアント企業からいただく貴重な報酬にふさわしい付加価値を発明者原稿に付け加える仕事をしていると自負しております。