SK IP LAW FIRM

 
 
 
 
 
 
 
 


SK特許業務法人
〒150-0012
東京都渋谷区広尾3-12-40
広尾ビル4階
TEL 03-6712-6985
FAX 03-6893-1412

SK特許業務法人の知財戦略ブログ

SK特許業務法人 特許実務メモ

 

開催予定のセミナー

企業知財部内のセミナー、各種自治体・公共団体・大学のセミナー、受講者50名以上の有料セミナーなど喜んで講 師を受任させていただきますので気軽にお申し付けください。

セ ミナー資料のサンプル(農林水産省のセミナー)

このような形のセミナーが例として可能ですので、上記のリンク先の資料をご参照の上ご検討ください。

セミナーに関するお問い合わせ:

info@skiplaw.jp

 


開催済みのセミナー

【SKIP知財塾 盛況御礼!】

おかげさまで、2016年に開催したSKIP知財塾は盛況に終わりました!

【SKIP知財塾】ノウハウ流出防止策を活かしたソフトウェア特許明細書の書き方セミナー(9月2日(金) 18:30~)・・・盛況御礼!

【SKIP知財塾】IDS制度を深く理解しよう!セミナーをします(9月9日(金) 18:30~)・・・満員御礼!

【SKIP知財塾】訴訟で勝てる!抗体医薬の特許明細書の書き方セミナー~実際の特許明書・包袋・判決・訴訟記録を分析~(9月16日(金) 18:30~)・・・盛況御礼!

開催日

2016年9月16日(金)18:30~

講座名 訴訟で勝てる!抗体医薬の特許明細書の書き方セミナー~実際の特許明書・包袋・判決・訴訟記録を分析~
講座内容

下記の話題の2つの特許侵害訴訟について、実際の特許明書・包袋・判決・訴訟記録を分析して、争点を整理して解説します。

中外製薬とバクスアルタが係争している血友病治療薬ACE910(omicizumab)

小野薬とメルクが係争している【オプジーボ】がん免疫療薬抗PD-1抗体(nivolumabとpembrolizumab)

これらの分析を通じで、訴訟で勝てる抗体医薬の特許明細書の書き方のコツを解説したいと思います。

それ以外にも、抗体医薬市場の現状、各社の特許戦略、過去の成功・失敗事例から特許明細書や、各国での審査の運用に対応したクレームの書き方およびその留意点まで、幅広く最新の知識を学んでいただければと思います。

 

セミナー講師:奥野弁理士

日時:9月16日(金)18:30~19:30

場所:SK特許業務法人の会議室(渋谷区広尾3-12-40 広尾ビル4階)

受講対象者:企業の知財関係者対象

参加料:無料

参加人数:10名(10名を超える場合には、追加日程をご用意します)

 

懇親会

日時:9月16(金) 19:30~20:30

場所:SK特許業務法人の会議室(軽食とビールで乾杯しましょう!)

参加料:無料

 

参加申し込みは、下記のメールアドレスまで(または下記の電話番号にご連絡頂いてもOKです)

info@skiplaw.jp

TEL 03-6712-6985

 

SKIPでは、今後、四半期に1シリーズ、無料のセミナーを開催していく予定です。各セミナーで解説する内容は、SKIPの日本弁理士、米国弁理士(合格者)、中国弁理士、韓国弁理士、特許技術者が独自の視点で選びだしたものであり、クライアント企業の知財実務で即座に活用できるように実践的な内容になっています。


開催日

2016年9月9日(金)18:30~

講座名 IDS制度を深く理解しよう!セミナー
講座内容

IDSについて、弊所のお客様から質問を受けることが多いです。

・OAで文献が引かれた場合、そのOA自体の提出は必要なのか?

・そのOA自体を提出する場合、英訳は必要か?必要な場合、機械翻訳で足りるか?

・カテゴリー「A」の文献は、提出が必要か?

・すでにIDS提出済みの文献のみを引用するOAが発行されると、そのOA自体をIDS提出する必要はあるか?

・Issue Feeを納付後に、他国でOAが発行され、新たな文献が引用されるとどうするか?

・IDS違反をするとどうなるのか? などなど、多岐に渡ります。

 

セミナーでは、IDSに関連する規則、審査基準、判例などを紹介して、IDSにどのように対応すべきかについてお話します。

どのような場合にIDS違反であると判断され、その場合にどのような不利益を被るのかについて理解を深めることによって、 IDSに対して、より適切に対応できるようにすることがセミナーの目的です。

 

セミナー講師:伊藤弁理士(米国パテントエージェント試験合格、ワシントン大学ロースクール LLM主席卒業)

日時:9月9日(金)18:30~19:30

場所:SK特許業務法人の会議室(渋谷区広尾3-12-40 広尾ビル4階)

受講対象者:企業の知財関係者対象

参加料:無料

参加人数:10名(10名を超える場合には、追加日程をご用意します)

 

懇親会

日時:9月9(金) 19:30~20:30

場所:SK特許業務法人の会議室(軽食とビールで乾杯しましょう!)

参加料:無料

 

参加申し込みは、下記のメールアドレスまで(または下記の電話番号にご連絡頂いてもOKです)

info@skiplaw.jp

TEL 03-6712-6985

 

SKIPでは、今後、四半期に1シリーズ、無料のセミナーを開催していく予定です。各セミナーで解説する内容は、SKIPの日本弁理士、米国弁理士(合格者)、中国弁理士、韓国弁理士、特許技術者が独自の視点で選びだしたものであり、クライアント企業の知財実務で即座に活用できるように実践的な内容になっています。


開催日

2016年9月2日(金)18:30~

講座名 ノウハウ流出防止策を活かしたソフトウェア特許明細書の書き方セミナー
講座内容

SKIP知財塾ならではの視点でクライアント企業の知財実務をお助けします(目のつけどころがSKIPでしょ?)。

 

SKIP知財塾の記念すべきオープニングセミナーは、以下の内容でした。

 

セミナー講師:押谷弁理士(動画のバランスボールに乗っている方)

 

テーマ: ノウハウ流出防止策を活かした強い特許明細書の書き方実践講座 ~演習付~ ~ 知財戦略と実務的なクレームの書き方、ノウハウを隠した権利化方法 ~

・ノウハウをいかに隠しつつ権利化すればよいのかについてポイントを解説する講座

・各国判例・審決例などを踏まえ、権利化の実務上の必須知識を学び、実務に活かせる強い特許明細書を書こう!

 

講師の言葉

ソフトウェアの特許権を取得する場合の、ノウハウ流出防止策を活かした特許明細書の書き方は如何にあるべきか?  

実務上の必須知識と合わせ、貴社の知らないクレームテクニックを演習も交えて伝授いたします。特許権を取得する場合には、どのような形で権利化するのが得策なのか・・・特許実務のみならず、各国判例・審決例などを踏まえつつ、さらに最近の技術革新を踏まえて、ノウハウをいかに隠しつつ 権利化をすればよいかを解説します。

 

修得知識:

・ソフトウェア分野の特許出願戦略を立案できる

・外注先の弁理士の作成した特許出願原稿をチェックするポイントが分かる

・ソフトウェア分野のライバル企業の特許の分析が可能になる

 

日時:9月2日(金)18:30~19:30  

場所:SK特許業務法人の会議室(渋谷区広尾3-12-40 広尾ビル4階)

受講対象者:企業の知財関係者対象

・ソフトウェア関連の研究所、事業部、研究企画部、知的財産部、特許部などで業務に関わる担当者の方

・強い特許明細書の書き方に関心がある、または明細書の作成にお困りの方

参加料:無料

参加人数:10名(10名を超える場合には、追加日程をご用意します)

 

懇親会

日時:9月2(金) 19:30~20:30

場所:SK特許業務法人の会議室(軽食とビールで乾杯しましょう!)

参加料:無料

 

参加申し込みは、下記のメールアドレスまで(または下記の電話番号にご連絡頂いてもOKです)

info@skiplaw.jp

TEL 03-6712-6985 

 

SKIPでは、今後、四半期に1シリーズ、無料のセミナーを開催していく予定です。各セミナーで解説する内容は、SKIPの日本弁理士、米国弁理士(合格者)、中国弁理士、韓国弁理士、特許技術者が独自の視点で選びだしたものであり、クライアント企業の知財実務で即座に活用できるように実践的な内容になっています。


開催日

Date: Friday, November 4, 2011 Time: 7:30 AM to 3:00 

講座名 Breathing Additional Life into the Life Sciences 窶迭eaching the Next Milestone
場所 Johns Hopkins University, Mongomery Country Campus, Room 102/4 (A&R Building),
9601 Medical Center Drive, Rockville, MD 20850

主催
Stein IP
後援 Invotex Group, Journal of Commercial Biotechnology
講師 ●Keynote Speaker: Larry R. Miller, Ph. D. - Director, Global & Project Communications for FHI 360, formerly Director, Communications - International Parthership for Microbicides; Director Business Operations, Global Drug Discovery, Glaxo Smith Kline
Steven Auvil, Vice President - Technology Transfer & Commercialization, Maryland Technology Development Corporation
Akihiko Okuno, Partner, SK IP Law Firm, Japan
●John Wetherspoon, Ph. D., Of Counsel, Stein IP; General Counsel, Gene Facelift LLC
●Scott Williams, AVA, CLP, DIrector, Invotex Group
●Yali Friedman, Ph. D., think Biothech LLC
Ginette Sererro, Ph. D., Co-Founder and CEO of A&G Pharmaceutical, Inc.
Claire T. Driscoll, Biotechnology Studies Director, Technology Transfer Office, National Human Genome Research Institute (NHGRI), NIH
●Dennis Clark, Of Counsel, Stein IP
●Joseph Zito, Of Counsel, Stein IP
コ メント Purpose of Conference

The future for life science companies is extremely promising, full of enormous opportunities.  However, life science companies face ever increasing challenges, from finding seed money, finding venture or angel investor funding, dealing with universities or the Federal Government, protecting their intellectual property and resolving IP related disputes, determining specific technologies needed for growth or seeking potential licensees, to making financial decisions regarding various courses of action.

This conference is designed for biotechnology/pharmaceutical company decision makers in enabling them to reach the next milestone, no matter what stage their company is in presently.  The conference deals with addressing attracting funding, making technology based decisions, and protecting their intellectual property, to best capitalize on their efforts.  University technology transfer attorneys, government attorneys and others stand to benefit from attending as well.

Our speakers come from a vast array of perspectives and experiences, spanning in-house counsel, a certified licensing professional, a publisher of biotechnology magazine, a technology transfer and commercialization professional, a Director of Technology Transfer Officer of a division of NIH, a financial consultant and intellectual property professionals.

講座内容
Breathing Additional Life into the Life Sciences 窶錀 Reaching the Next Milestone
Tentative Syllabus for Biotechnology Seminar
Registration:  7:30-on
Continental Breakfast  8:00 窶錀 9:00am
9:00-9:30am  Evergreening Strategies  (John Weatherspoon, PhD, Of Counsel, Stein McEwen LLP, Washington, DC)
    Claim Drafting
9:30-10:00am  Patent Exhaustion 窶錀 Quanta Case 窶錀 (Dennis Clarke, Of Counsel, Stein McEwen LLP)
    Strategies to Overcome Concerns
10:00-10:30am  Relevance of Japanese Biotech Market to US Companies (Akihiko Okuno, Partner, SK IP Law Firm, Tokyo, Japan)
10:30-10:45am  Break
10:45-12:00pm  Panel Discussion with Questions and Answers
(Moderator 窶錀 Michael Stein, Partner, Stein McEwen, LLP)
1.    Yali Friedman, Ph.D., thinkBiotech LLC, Washington, DC
2.  Ginette Srerro, PhD, A&G Pharmaceutical, Inc., Columbia MD
Members of the Panel speak about 5-10 minutes with Remainder left for questions/answers
3.  Claire T. Driscoll, MS. Biology, MS. Biotechnology Studies Director, Technology Transfer Office, National Human Genome Research Institute (NHGRI), U.S. National Institutes of Health (NIH))
12:00pm-12:15 pm  Networking Time
12:15pm-1:00pm  Lunch
1:00-1:30pm  Keynote Speaker -  Commercialization of Your Products and Services 窶錀 Reaching that Next Milestone (Larry R. Miller, PhD 窶泥irector, Communications 窶錀 International Partnership for Microbicides, Gaithersburg, MD (current), President/Consultant, ISBC solutions, LLC (current), former Director Business Operations, Global Drug Discovery, Glaxo Smith Kline)
1:30窶錀 2:00pm  What to do When Things go Bad 窶錀 Dealing with Intellectual Property Disputes When They Arise-  (Joseph Zito, Of Counsel, Stein McEwen LLP)
2:00-2:20pm  Putting Your Best Foot Forward in Raising Funding and Finding Commercialization Partners 窶錀 This discussion covers:
The Traits Investors and Acquiring Companies look for; Developing Business Plans and Forecasts; and Understanding Valuation Basics
(Scott Williams, AVA, CLP, Director, Invotex Group, Washington, DC, Philadelphia, PA, Baltimore, MD)
2:20-2:40pm  How to Receive Early Stage Investments/grants to Maryland based companies who are working with one of the universities or federal labs in the state or are otherwise affiliated with one of the Maryland incubators, as well as reaching milestones and value inflection points (Steven Auvil, Vice President 窶錀 Technology Transfer & Commercialization, Maryland Technology Development Corporation, Columbia, MD (TEDCO))


開催日

2009年12月1日(火)18:00~20:00

講座名

米国特許侵害訴訟の留意点

場所

渋谷駅徒歩5分 長井記念会館   会議室C

参加費

無料

講師

Paul氏

伊藤寛之

テーマ

■18:00~18:30 米国における特許の有効性に関連する手続きについて
(裁判所での特許無効の主張と特許庁での再審査の対比、当事者系再審査と査定系再審査の対 比、再発行出願に関連する種々の論点など)

SK特許業務法人 日本弁理士 伊藤 寛之 (LLM、MS、US Patent Agent合格)
■18:40~20:00 米国における特許侵害訴訟提起前の留意点
Dorsey & Whitney Professor Paul Meiklejohn

......

開催日

2009年10月7日 (水)13:30~16:30

講座名

SKIP+WOODCOCK&WASHBURNの日米合同特許実務セミナー

場所

渋谷駅徒歩5分 長井記念会館(日本薬学会)会議室C

参加費

無料(懇親会も無料)

講師

伊藤寛之
Michael Swope
Mike Dunnam
奥野彰彦

テーマ

1:米国特許侵害訴訟におけるディスカバリー制度およびデポジション制度の役割および実 務(P1-3 )
演者:伊藤寛之

2:Recent Changes in Patentable Subject Matter in US(米国における特許取得可能な発明の主題の最近の変化)(P1-3 )
演者: Michael P. Dunnam

3:The Impact of KSR in the U.S. Patent and Trademark Office and in the Federal Courts(KSR事件判決の米国特許商標庁と連邦裁判所への影響)(P1-3 )
演者:Michael J. Swope

4:米国でのデポジションが国際特許紛争に与える影響の事例解説+Kubin判例の衝撃 がJPOの審査実務に 与える影響の予測(P1-3 )
演者:奥野彰彦

......


開催日

2009年8月18日 (火)13:30~17:00

講座名

SKIP+APCIP+パーン&ゴードン合同特許実務セミナー

場所

渋谷駅徒歩3分 法学館 501B教室

参加費

無料(懇親会も無料)

講師

夏雨

Nobuhiko Sukenaga

奥野彰彦

テーマ

演題1:第3次中国特許法改正の化学・材料・医薬分野の審査実務に与える影響の考察(P1-3 )
演者:亜細亜大学非常勤講師 夏雨 中国弁護士

演題2:KSR判決後の化学・医薬分野の判例、影響と対策(P1-3)
演者:パーン&ゴードンLLP ソプコ 特許弁護士、助永 特許弁護士

演題3:化学・バイオ分野のユニバーサルドラフティング(P1-3 )

演者:奥野彰彦

コ メント

日米中の特許実務を一気に学べて国際的な知財戦略の立案に役立つ内容だった と、聴講者の皆様から もご好評を頂くことができました。

......