SK IP LAW FIRM

 
 
 
 
 
 
 
 


SK特許業務法人
〒150-0012
東京都渋谷区広尾3-12-40
広尾ビル4階
TEL 03-6712-6985
FAX 03-6893-1412

SK特許業務法人の知財戦略ブログ

SK特許業務法人 特許実務メモ

 

We support your IP strategy with Universal Drafting

一つの原稿で全ての国に対応することのできる特許出願原稿の作成技術を、ユニバーサル・ドラフティングと いう(奥野彰彦が 勝手に命名)。最も分かりやすいメリットとしては、ユニバーサル・ドラフティングを行うことにより、①特許 出願原稿の作成コスト節約、②特許出願原稿の翻訳コスト節約が可能になります。

ユニバーサル・ドラフティングによって作成された明細書・クレームを活用して欧米中韓台+新興国で少ない 知財予算で強力な特許ポートフォリオを構築するための海外への出願戦略については下記の解説をご参考にな さってください。

早 期審査+PPHのススメ
新 興国(BRICs+東南 アジア+中東)に強い特許事務所


もちろん、本来であれば、外国出願するときに、各国毎にカスタマイズしたクレーム・明細書を作成することが 好ましいが、事 実上、全ての国においてカスタマイズした形の特許出願原稿を作成することは不可能です。特に、PCT出願の割合が増加しつつある現在、実務業界では大変 に求められている技術であると考えられます。このユニバーサル・ドラフティングは、下記の2つの特性を有す る必要があります。

1)日米欧に対応可能な特許明細書・クレーム

2)BRICS+韓台に対応可能な特許明細書・クレーム

つまり、日米欧韓台BRICSに対応可能な理想のユニバーサル・ドラフティングが求めら れています。

しかしながら、残念ながら、そんな素晴らしい明細書・クレームの作成方法はまだ確立していません。とはい え、自社内・自所内にユニバーサル・ドラフティングのためのひな形を作 成しておき、各国からOAが来るたびに、そこから得られる教訓をフィードバックして改変していけば、自然と 理想のユニバーサル・ドラフティングのためのひ な形ができあがるはずであると考えて、SKIPではユニバーサル・ドラフティングの理想に向けて一歩一歩努力を積み重ねています。それらの努力の成果を以 下のブログで公開していますので、ご参考にしていただければと思います。


●ユニバーサル・ドラフティングについての2つの主要ブログ

多極化時代の知財戦略ブログ

渋谷のSK特許 業務法人の パートナーの奥 野彰彦です。 ユニバーサルドラフティング(日米欧+韓台+BRICS+ASEANに通用する明細書)を活用した 知財戦略を実践する上で日々の外国出願実務を通じて経験 した特許・実用新案・意匠・商標の実務ノウハウをメモしていきます。


SK特許業務法人 特許実務メモ

渋谷のSK特許 業務法人のパートナーの伊 藤寛之です。日々 の実務の中で分からないことがたくさんあって、特許庁に問い合せたり、調査をしたりして、一つずつ 疑問を解決しています。せっかく調べた情報ですので、こ のブログに蓄積していこうと思います。雑文も多いと思いますが、よろしくお願いします。