SK IP LAW FIRM
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


SK特許業務法人
〒150-0012
東京都渋谷区広尾3-12-40
広尾ビル4階
TEL 03-6712-6985
FAX 03-6893-1412

SK特許業務法人の知財戦略ブログ

SK特許業務法人 特許実務メモ

mail magazine

 

出願 (特許・意匠・商標)

著作権を除き、知的財産の保護のためには対象を特定した"出願"が必須の手続きです。特許を例に挙げる と、権利内容を決定 付ける出願とは、発明を的確に把握し、対象を最も正確かつ包括的に表現することであり、権利の取得手続きを 速やかにスタートさせることが出願の使命です。 この重責を担うために、SK特許業務法人では、我々自身が先端技術分野の技術者であること、知的財産法の法 律家であること、さらに、よき相談役であること を自らに課しています。発明の本質はどこにあるか、どの様な権利保護が必要か、何処までの権利を主張するこ とが可能かなどについて範囲が妥当であるのか、 お客様との対話を重視している点が我々の特徴です。発明がどの様な価値を産むか、それを形にしていくのが私 達の役割です。当事務所の弁理士がお客様の発明 を”知的財産”という権利へと昇華させます。

有効性鑑定・侵害鑑定

技術判断・鑑定においては、一段と高い知的財産法の専門家としての能力、技術者としての能力およびコミュ ニケーション能力 が必要とされます。最終的な判断に先立って、対象技術について我々が十分に理解すること、法律的な判断の根 拠について依頼者に理解して頂くことによって、 依頼者に十分納得していただける判断を提供することを目指しています。 相手が侵害者かどうか、自社製品が他を侵害していないか、疑問に思った時にまずはご相談下さい。関連分野の 技術と包括的な法知識を有している当事務所の弁 理士が迅速に、適切にお客様に解答を提供することが可能であります。

特許調査

SKIPは、特許事務所の中では珍しく【特許調査が得意な事務所】です。例えば、通常の特許調査会社とは異なり、新製品発売前のFTO分析において、その後の鑑定・無効審判の際に必要となる資料を想定しながら、弁理士・特許技術者が自ら調査を行いますので、極めて効率的かつ安価に特許調査を行うことができます。また、SKIPには、英語・中国語・韓国語に堪能な人材が揃っていますので、一度に日米欧中韓台の特許調査をまとめて行うことができます。

無効審判・異議申立

SKIPでは、上記の特許調査・鑑定を行った弁理士・特許技術者がそのまま無効審判(およびその後の審決取消訴訟)を担当することになります。そのため、無効審判の準備にかかる時間が短くて済むので無効審判のためのタイムチャージが安く済みます。SKIPでは、これまでに日本国内・海外において、多数の無効審判・異議申立を行ってきた経験(例えば、下記の有名な【アイフォーン(iPhone)ケース事件】の特許調査・鑑定・無効審判・審決取消訴訟の事例)があります。つまり、SKIPをお使いいただければ、邪魔な特許権を潰してしまうための無効審判を特許調査・鑑定とまとめて一箇所で行うことができます。

侵害訴訟・審決取消訴訟

知的財産権の侵害訴訟においては、我々は、依頼者の権利保護のために代理人(付記弁理士)あるいは補佐人 として弁護士と共に依頼者を代理(補佐)致します。侵害訴訟において、弁理士は、法律全般の専門家である弁護士と技術専門家 である依頼者との間に立ち、技術的、法律的側面 を十分に理解し、橋渡しを行い、さらには裁判官に事件の技術的側面を理解してもらうための書面作成・口頭に よる技術説明を行うことが重要な役割です。技術 と法律という二つの世界を結びつける為には知識は勿論のこと、かなりの経験も必要となります。訴訟経験の豊 富な当事務所の弁理士はお客様のお力になること をお約束致します。

特許翻訳

一つの言語で表現されたものを他の言語に翻訳すればその意味・ニュアンスは必ず異なったものになります。 翻訳者の仕事は、 翻訳による意味・ニュアンスの相違を最小限にすると共に、意味の相違が不可避である場合には、その相違が文 書の目的に照らして許容されるように翻訳するこ とです。そのためには二つの言語が表現する意味・ニュアンスを理解すること、文書の目的に応じて意味・ニュ アンスの相違が招く影響を評価することが必要で あり、どの言葉が一番適しているのか、言語的、文化的説得力を持って状況に一番見合う言葉を選び、置き換え ていきます。言葉を選ぶ際に問題になることは言 葉の裏側にあるの文化的背景と技術・法律を側面をも理解していなければ真に言葉を当てはめることができない ということですることが不可欠です。SK特許業務法人に在籍する優秀な翻訳スタッフは海 外での生活経験を多く有する、いわゆるバイリンガル技術者であり、翻訳によって生じるこの問題を最小限に止 めるこ とが可能です。

マクロの活用

特許事務所で特許出願原稿を作成したり、翻訳したりするときには、マイクロソフトのワード・エクセルを使 うことが多 いですが、ワード・エクセル にはワードマクロ・エクセルマクロという機能が搭載されていま す。このワードマクロを上手に使えば、いろいろな作業を自動化 して、業務を大幅に効率化することができます。SKIP では、SKIPの伊藤弁理士が開発し た独自のワードマクロ・エクセルマクロを使ってメンバーの特許出願の原稿作成、翻訳業務を徹底的に効率化し ております。また、メンバー全員が積極的にワードマクロ・エクセルマクロを勉強してマクロを開発して使いこ なせる体制を構築していく予定です。 SKIPでは、このように特許出願の原稿作成、翻訳業務を徹底的に効率 化を追求し続けることによって、外国出願費用を品質を落とさずに30%以上削減することに成功しています。

信頼ある期限管理ソフトの活用(コスモテック問題への対応済み)

特許事務所で重要な業務として、クライアントの特許出願案件の外国出願(優先権主張)の期限、審査請求の 期限、OA応答の 期限、新規性喪失例外証明書の提出期限、PCTの国内移行の期限、翻訳文の提出期限、登録料の支払期限、年 金の支払期限などの期限管理があります。この期 限管理については、独立開業したばかりの特許事務所の場合には、普通のエクセルで期限管理したり、カレン ダーに手書きで期限管理しているケースもあります が、SKIPでは信頼ある期限管理ソフトであるPATDATA WORLDVERSIONを導入しています(なお、コスモテック問題への対応についてはこちらをご確認ください)。そのため、独立開業以来、現在まで1件しか法定限を徒過する期限管理ミスを起こしていないことがSKIPの密かな自慢です。なお、PATDATA WORLDVERSIONは、そのままでは使い勝手が悪いので、SKIPの伊藤弁理士が開発し た独自のワードマクロ・エクセルマクロを使ってユーザインターフェースを改良して使っています。また、出願 書類や資料は紙ベースと電子データの二重管理と し、電子データは毎日バックアップファイルを更新しています。バックアップファイルはセキュリティをかけた上で所内と所外の2ヶ所で保管管理し、震災などの万一に備えています。