SK IP LAW FIRM
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


SK特許業務法人
〒150-0012
東京都渋谷区広尾3-12-40
広尾ビル4階
TEL 03-6712-6985
FAX 03-6893-1412

SK特許業務法人の知財戦略ブログ

SK特許業務法人 特許実務メモ

mail magazine

 
 

2017年の記事はこちらへ

2016年の記事はこちらへ

2015年の記事はこちらへ

2014年の記事はこちらへ

2013年の記事はこちらへ

2012年の記事はこちらへ

2011年以前の記事はこちらへ

ランキング王冠

【日本の特許事務所のトップ5%にランキング】

SKIPは、特許事務所ランキング(2015年 知財ラボ調べ)で日本国内特許事務所4,200超のうち以下の位置にランキングされました。ようやく、日本の特許事務所のトップ5%にランキングされましたが、まだまだ品質、サービス、納期などの面で未熟であり、さらに上を目指したいと考えています。

特許部門 トップ250ランク入り
実用新案部門 トップ10ランク入り
意匠部門 トップ100ランク入り
商標部門 トップ100ランク入り


今後もさらにランキング上位になるようにクライアント満足度を高めるように精進して参ります。

2015.12.31

2015年の通期の黒字化達成&【完全無借金経営】の実現のお知らせ

2015 年の通期(法人事業)で黒字化達成((管理会計、速報、累計):売上高 2億2,000万円強, 当期純利益 1,500万円強, 手元現預金 2,600万円強, 有利子負債ゼロ、経営陣等からの短期借入金 ゼロ, 不良債権(請求書発行(月末締後)3ヶ月超の売掛金)額 計算中(不良債権比率 計算中)、自己資本比率 60%強)

SKIPは、銀行などからの有利子負債はゼロ+経営陣等からの短期借入金もゼロの完全無借金経営であり、常に売上の1ヶ月~2ヶ月分の手元現預金を準備しておりますので、資金繰り ショートによる倒産の心配はありません。創業から7年たち、ようやくSKIPが高利益体質に生まれ変わりましたので、2015年1月~新しく構築した与信管理システム+債権回収システムをきちんと運用して不良債権を減少させ、2016年末までに不良債権ゼロに移行してさらに強力な財務体質を構築することを目指します。
2015.12.31

代理案件数の累計5,800件突破のお知らせ

新規・既存クライアントのご愛顧の御蔭で、SKIPの代理案件数(出願、中途受任、鑑定など)の累計が5,800件を突破しました。

2015.12.28 下半期の事務ボーナス支給のお知らせ

2015年の下半期の売上が予定よりも好調でした。そのため、SK特許業務法人の売上(管理会計上の売上総利益=粗利とほぼ同じ)の2%+α%を秘書グループのメンバーに還元するために、総額約225万円のクエスト達成報酬(下半期の事務ボーナス)を支給しました。

今年は、【稼げる★キラキラ★秘書グループ】を目指して、秘書グループのメンバーが、国内・海外での特許の年金管理、商標の更新手続、特許・商標の譲渡手続、クライアントの会社名変更に伴う名義変更手続などを積極的に引き受けて、自前の売上を立ててくれるようになりましたので、自前の売上の20%を事務ボーナスに上乗せしています。皆さん、お互いに仲良く協力しながら、よく頑張りました!

今後も、秘書グループのメンバーに多くの事務ボーナスを支給することができるように、さらに売上向上、コスト削減、不良債権の低減などの財務体質の改善に取り組んでまいります。

2015.12.25

秘書グループの業務効率化+不要業務の洗い出し(稼げる秘書グループ化 第五弾プロジェクト)を続けています。

SKIPでは、所内のシステム開発者(弁理士・特許技術者・秘書と兼任)によって、独自の【つぎはぎITシステム】による業務システムの改善を【アジャイル開発】および【DevOps】の手法に基づいてスクラムを組みながら、秘書グループの業務の効率化のためのコーディングを進めています

具体的には、秘書グループのメンバーが、各人の業務の中で効率化できそうなポイントを見つけてマクロ開発の要望を所内チャットシステムに挙げてもらっています。その際、必要と思ってやっている業務が実は必要度が高くないことかどうかの検討を行ってもらって、不要業務の洗い出しを進めてもらっています。

これまでは、外内案件の売掛金の被仕向送金があった場合には、どのクライアントまたは現地代理人からどの請求書についての支払いがあったのかの確認を行ってから入金処理を行っており、確認が取れない場合には入金をキャンセルする処理をとっていました。

しかし、せっかく回収に成功した売掛金の入金をキャンセルしてしまうと、売掛金の不良債権化のリスクが高まってしまい、クライアントまたは現地代理人には再度外国送金をする手間をかけさせる事になります

そこで、外内案件の売掛金の被仕向送金があった場合には、どのクライアントまたは現地代理人からどの請求書についての支払いがあったのかの確認が取れない場合であっても、被仕向送金をSKIPの口座に入金してしまう運用に変更しました。

その結果、どのクライアントまたは現地代理人からどの請求書についての支払いがあったのかの確認が取れない場合には入金をキャンセルして、クライアントまたは現地代理人から再度外国送金をしてもらうという工数を削減でき、経理の工数をかなり合理化できました。

なお、このような運用をしても、SKIPでは、毎月初めに先月末の段階で回収できなかった不良債権(請求書発行(月末締後)3ヶ月超の売掛金)について、クライアントまたは現地代理人に不良債権回収のためのリマインドをしていますので、すでに支払い済みの売掛金については、クライアントまたは現地代理人から【もう支払い済みだよ】との回答が来るので、その際にどのクライアントまたは現地代理人からどの請求書についての支払いがあったのかの確認が取れるので何の問題も無いと考えています。

このようにして、SKIPの秘書グループには、単にルーチンな事務作業をするだけではなく、所内のシステム開発者と協力して、自分が担当する業務の効率化の提案をしたり、不要な業務を洗い出して廃止したりすることによって、秘書グループの生産性を高める活動をしてもらう体制に移行してもらっています

2015.12.25

石井太郎弁理士が、SKIPの防災大臣に就任しました

SKIPでは、奥野・伊藤の引退後の幹部を育成するために、若手の弁理士・特許技術者による影の内閣(シャドー・キャビネット)を構成し、所内の業務改革に取り組んでいます。

このたび、下記の通り、SKIPの影の内閣に石井太郎:防災大臣が加わりました。

徳重大輔:バスケ大臣

鈴木章太郎:バックアップ大臣

安倍良和:引越大臣

押谷昌宗:宴会大臣

内藤浩介:セキュリティ大臣

奥村光平:ネットワーク大臣

坪龍志:マクロ大臣

石井太郎:防災大臣

渋谷消防署から、新しいオフィスが入居している広尾ビルの管理会社を通じて防火管理者の選任依頼がありましたので、予備自衛官の石井太郎弁理士が適任であると判断しました。石井太郎弁理士には、渋谷消防署に研修を受けに行ってもらい防火管理者の国家資格を取得してもらいます

SKIPでは、石井太郎弁理士による防火管理にもとづいて、消防法を順守してまいります。

2015.12.25

期限管理ソフト:PATDATAのデータ棚卸し(四半期ごと)を行いました。

SKIPでは、PATDATAに入力されている期限管理データ自体の正確性を保証するために、四半期毎にPATDATAのデータの棚卸作業を行っています。

具体的には、日米欧中韓台などの主要国について、重要な期限(例えば、審査請求期限など)の消失+入力ミスなどが無いかどうかの確認作業を行います。なお、これらの確認作業自体もマクロなどをフル活用して自動化して効率的な棚卸作業を行うようにしています。

今回は、これまでの評価項目に加えて、特許法30条の新規性喪失例外規定の適用を受けている日本特許出願について、新規性喪失日(公知日)から1年の韓国のグレースピリオド期間のリマインド期限(公知日から8ヶ月後=韓国のグレースピリオド期限の4月前)についても、期限データの消失+入力ミスが無いかどうかの確認作業を行いました。

米国の特許法改正によって、特許法30条の新規性喪失例外規定の適用を受けている日本特許出願について、米国のグレースピリオドの期限管理を行う必要はなくなりましたが、今でも韓国のグレースピリオドについては期限管理を行う必要があるためです。

このPATDATAのデータの棚卸作業によって、今後は韓国のグレースピリオド期間の徒過の事故を未然に防ぐことができると考えています。

2015.12.22 マイナンバー対応開始のお知らせ

マイナンバー制度に対応するために、中小企業における マイナンバー法の実務対応にもとづいて、【社内規定】特定個人情報取扱規程を整備し、【配布用】特定個人情報等の適正な取扱いに関する基本方針を所内および取引先に配布しました。集めた個人のマイナンバーは、USBメモリ内のエクセル表に保存して所内の金庫で安全に保管しておりますのでご安心ください。

今後も、SKIPは、きちんと法令の順守および適正納税に取り組んでまいります。

2015.12.18

SKIPの所内で【風邪予防対策】をはじめました。

SKIPでは、所内メンバーのインフルエンザの予防接種の料金を全額負担しています。 また、同居しておられるご家族のインフルエンザの予防接種もSKIPで全額負担しています。 なぜかというと、ご家族も予防接種してもらわないと効果が薄いからです。

また、SKIPでは秋口になると、風邪対策グッズを買ってきて共有スペースにおいて、各自自由に活用してもらっています。 例えば、マスク 、のど飴、 トローチ 、除菌おてふき、うがい薬、ウイルシールド(二酸化塩素で空気中のウイルスをぶっ殺す薬) などを揃えるようにしています。 また、SKIPでは、常に空気清浄機をオンにしています。 

これに加えて、今年は、奥村光平の提案により、【メガビタミンC療法】のために、ポッカサッポロ キレートレモンビタミンC 300g (L-アスコルビン酸)100%粉末も備え付けることにしました。

SKIPでは、所員の健康維持のために、このような形でささやかな福利厚生を実現しています。

2015.12.18

SKIPの所内で(ちょっと豪華な出前を取って)忘年会を行いました。

SKIPは、優秀な女性のマンパワーを活用するポリシーを採用しているために、既婚女性の所員が多く在籍しています。そのため、通常の特許事務所のように夜遅くに歓送迎会や忘年会を行うと、仕事と家庭の両立をしなければならない既婚女性の所員の参加が困難になってしまう問題があります。

そこで、SKIPでは、歓送迎会や忘年会などの正式なイベントは、お昼ごはん~おやつの時間に所内でちょっと豪華な出前を取って行うようにしています。もちろんその出前の費用はSKIPが負担しています。この正式なイベントには、奥野+伊藤の経営陣も参加しています。

ただし、独身男性陣を中心とした元気あふれる所員には、思いっきり飲んだり騒いだりしたいという生理的欲望もありますので、希望者には夜になったら2次会に行ってもらうことにしています。もちろん2次会の費用もSKIPが負担しています(しかも、ウザい奥野+伊藤の経営陣は参加しません!)

SKIPには、社食などはありませんが、このような形でささやかな福利厚生を実現しています。

2015.12.18 柳澤弁理士が特定侵害訴訟代理業務試験に合格しました。

柳澤文子 弁理士平成27年度の特定侵害訴訟代理業務試験に合格しました

今年度の本試験の結果は、受験志願者数が241人、受験者数が225人に対し、合格者数は127人、合格率は56.4%となり、これまでで最難関の合格率でしたが、柳澤文子 弁理士が無事に合格してくれて嬉しく思います。柳澤文子 弁理士には、これまでに多くの国内・内外の特許出願を代理した経験を活かして、知財高裁・東京地裁・大阪地裁での特許侵害訴訟でも活躍してもらいたいと考えています。

2015.12.16

SKIPのオフィスにタチカワブラインドの最新型の高級ブラインド(パーフェクトシルキー)を設置しました。

SKIPの所員数もようやく20名を超え、いわゆる中堅特許事務所に仲間入りしました。そのため、2015年11月24日に日当たりがよく眺めもよい広尾のオフィスに引越しました。

そこで、オフィスの引越しにあわせて、SK特許業務法人が代理をさせて頂いているクライアントのタチカワブラインド最新型の高級ブラインド(パーフェクトシルキー)を新しいオフィスに設置しました。その結果、窓の外からの不快な光漏れが無くなり、オフィス内がお洒落で落ち着いた雰囲気になりました。

今後は、タチカワブラインドのパーフェクトシルキーによってSKIPのオフィスの労働環境が向上して、所員がさらに気分よく働けるようになる予定です。

2015.12.11

SKIPの期限管理サーバーとChatWorkの連携についてチャットワーク社のブログで紹介されました。

SKIPでは、2015年9月9日に、SKIP-PDW YosemiteをメジャーアップデートしたSKIP-PDW El Capitanを所内リリースしました。このSKIP-PDW El Capitanは、ChatWorkとも連携しており、期限が近づいてきたものについては、その情報をChatWorkに流すことで関係所員にリマインドするようにしています。

この活用事例について、Chatwork社の取材を受け、Chatworkの公式ブログで紹介されました。

Excelとチャットワークを自動化した特許事務所があった!

このように、SKIPの所内システムでは、ChatWorkとの連携によって、SKIPの所員各自の期限管理の効率化と高精度のリマインドが可能になっております。

そのために、SKIPで開発した下記のコードを無料で公開しておりますので、他の特許事務所・企業知財部の皆様にもご活用いただければ嬉しく思います。

VBAでChatWorkとhttp通信するためのコード(外部サイト、GitHubに移動します)

Excelから自動でChatWorkのグループチャットに追加するマクロ:ステップ1(外部サイト、GitHubに移動します) 

エクセルから自動でChatWorkのグループチャットに追加するマクロ:ステップ2(外部サイト、GitHubに移動します) 

SKIPでは、今後も、所内のシステム開発者(弁理士・特許技術者と兼任)によって、SKIP独自の業務システムと期限管理システム(PATDATA)との連携システム(SKIP-PDW)の開発を、独自の【つぎはぎITシステム】による業務システムの改善を【アジャイル開発】思想にもとづいて【スクラム】を組んで【DevOps】の手法に基づいて進めていきます

2015.12.10

SKIPの総ゲーマー化計画第二弾(全所員のPCのグラボ搭載+SSD換装+27インチHDモニタ支給)をはじめました。

SKIPでは、経営ミッションを実現するための強力な組織を育成していくために、幼い頃からゲームに慣れ親しんだ「ゲーム脳を持つゆとり世代」が続々入社してきている今日、彼らのモチベーション維持、組織への定着を促すために、オープンブックマネジメントとボーナスコンテストを組み合わせた独自のゲーミフィケーション経営による組織マネジメントシステムを構築しています。

そこで、SKIPでは、デジタルネイティブである「ゲーム脳を持つゆとり世代」が、日本の一般的な特許事務所では貧弱なITインフラしか与えられずに、【いわば重りや足枷をはめられて戦っている状態】を排除し、その潜在能力を全解放するために、全所員のPCにグラボを搭載した上で、ハードディスクをSSD(フラッシュドライブ)に換装し、27インチ以上のサイズのHD(ハイビジョン)モニタを支給しました。

臨場感あふれる高精細4K 60Hz対応 GeForce GTX 750 Ti搭載グラフィックボード

Samsung SSD 500GB 850 EVO

BenQ 27インチワイド スタンダードモニター

このSKIPの総ゲーマー化計画第二弾(全所員のPCのグラボ搭載+SSD換装+27インチHDモニタ支給)によって、所員の業務効率がさらに向上する予定です。

このように、SKIPでは、グーグルのように、幼い頃からゲームに慣れ親しんだ「ゲーム脳を持つゆとり世代」が最大限の能力を発揮できる職場環境づくりに取り組んで行く予定です。

2016.12.09

SKIPでグーグル流の【360度人事評価】はじめました。

SKIPの所員数もようやく20名を超え、いわゆる中堅特許事務所に仲間入りしました。その結果、奥野&伊藤が全所員の働きぶりを詳細に把握することが難しくなってきました。

そこで、所員全員が互いにお互いの働きぶりを評価するグーグル流の【360度人事評価】(ポジティブ評価のみ!ネガティブ評価禁止!)を実施して、その結果に基づいて最終的な人事評価を奥野・伊藤が行う体制を構築しました。

なお、グーグルの人事評価システムは、グーグルの【ページランク】という検索システムを応用したものであり【他のメンバーからの評価が高いメンバーによる評価結果を重視する】といういわゆるインパクトファクターを用いた評価システムになっています。

具体的には、SKIPでは、今回から事務ボーナスの査定に際して、所員の視点も反映させようと考えています。

目的は、奥野&伊藤の視点だけだと、どうしても、奥野&伊藤が普段から接している人を高く評価してしまうというバイアスがかかりがちになるために、そのバイアスを解消させるためです。

アラ探しをすることが目的ではないので、評価シートには、自分の目から見たプラスの側面のみを記入してもらいます。マイナスの側面は、記入禁止です。

自分の目から見て、あの人は、この点で非常に優れているので、もっと高く評価されるべきであると思ったらそのように記入してもらいます。

 

事務メンバーに対する評価は、ボーナスの査定に際して参考にします。

技術メンバーに対する評価は、歩合のランクアップの際などの参考にします。

評価シートの記入内容は、非公表です。奥野&伊藤のみが見ます。

評価シートの提出は、任意です。提出したい人だけが提出してもらいます。

評価シートには全員の名前を載せていますが、自分が記入したいと思う人についてのみ記入してもらいます。 評価対象は、6月~11月です。

 

事務メンバーから見た他の事務メンバーの評価   

例:〇〇さんは、他の人のヘルプに対して積極的   

例:〇〇さんの案件の処理速度は、すさまじい。  

 

技術メンバーから見た事務メンバーの評価   

例:期限ギリギリの出願で、〇〇さんが遅くまで残って対応してくれた  

 

事務メンバーから見た技術メンバーの評価   

例:〇〇さんは、依頼の際に必要な書類がきっちりとそろっていて好印象

 

今後は、このグーグル流の【360度人事評価】によってSKIPの所内での人事評価が透明化され、所員の待遇の納得感をさらに高めていく予定です。

2016.12.08

SKIPの所内で日中韓翻訳のクロスチェック【特許実務の日中韓ペアプロ 第二弾】はじめました。

SKIPの所員数もようやく20名を超え、いわゆる中堅特許事務所に仲間入りしました。その結果、所内に6名の中国人(4名の朝鮮系中国人+2名の漢民族中国人)が混在する編成になってきました。

そこで、中国人メンバーが日中翻訳(朝鮮系中国人が日韓翻訳)を行う場合には、基礎出願の日本出願を作成した日本人メンバーに単語の意味などを相談しながら翻訳を行い、その結果得られた翻訳文を他の中国人メンバー(日韓翻訳の場合には朝鮮系中国人メンバー)がクロスチェックして、最終的な翻訳文を奥野・伊藤が最終チェックする体制を構築しました。

また、中国人メンバーが中日翻訳(朝鮮系中国人が韓日翻訳)を行う場合にも、その結果得られた翻訳文を他の中国人メンバー(韓日翻訳の場合には朝鮮系中国人メンバー)がクロスチェックして、最終的な翻訳文を奥野・伊藤が最終チェックする体制を構築しました。

もちろん、翻訳の際の単語の意味などの相談にのる日本人メンバー、クロスチェックする中国人メンバー、最終チェックする奥野・伊藤などが公平に指導歩合を分け合う体制も構築しました。

このようにすることによって、中国人メンバーが、基礎出願の日本出願を作成した日本人メンバーに単語の意味などを相談せずに一人で勝手に翻訳作業を進めてしまったり、他の中国人メンバーに仕事を振らずに自分の能力以上に内外・外内の特許案件の抱え込みをしてパンク状態になって期限を落とす危険性を避けることができると考えています。

ソフトウェア開発の世界では、よくペアプログラミング(ペアプロ)が行われますが、特許翻訳でも、日本人が日本語をサポートし、中国人が中国語と韓国語をサポートし、さらに中国人メンバー同士がクロスチェックすることによって、全員の能力が高まるはず(ペアプログラミングは2人のプログラマが個人で作業した場合に比較して、15% コーディング速度が低下するが、作りこむバグ数も 15% 少なくなる)ですので、いわば【特許実務の日中韓ペアプロ 第二弾】が実現する事になります。

今後は、この【特許実務の日中韓ペアプロ 第二弾】によってSKIPの所内での中国人メンバー間での仕事の抱え込みが抑制され、中国人メンバー間の仕事の負荷が平準化されて、ムリ・ムラ・ムダの無い働き方が実現する予定です。

2015.12.07 英語に堪能な文系弁理士(登録手続中)の石井太郎(特許事務・意匠・商標担当)が入所しました。

2015年の12月7日から中央大学法学部卒(見込)、中堅貿易会社出身の英語に堪能な文系弁理士(登録手続中)の石井太郎(特許事務・意匠・商標担当予定 男性 30代 TOEIC満点(990点))が入所しました。

新規採用した英語に堪能な文系弁理士(登録手続中)の石井太郎を定着させ、2016年春までには戦力化して、新規・既存クライアントからの受任件数の増加に対応していく予定です。よろしくご指導・ご鞭撻のほどお願い致します。

2015.12.07

SKIPのオフィスで断捨離を行いました。

SKIPの所員数もようやく20名を超え、いわゆる中堅特許事務所に仲間入りしました。その結果、創業7年の歴史の中で不要になった備品が大量に溜まってきました。

そこで、オフィスの引越しにあわせて、SK特許業務法人内で不要と思われる備品をすべて廃棄(断捨離)しました。その結果、大型のトラックが満杯になるくらいの大量の備品を廃棄でき、オフィス内がすっきりと綺麗になりました。

今後は、この対策によってSKIPのオフィスの労働環境が向上して、所員がさらに気分よく働けるようになる予定です。

2016.12.02 代官山駅から恵比寿駅へSKIPへの登記変更完了!

SKIPは、2015年11月24日(火)から渋谷区広尾(恵比寿駅徒歩15分:山種美術館の隣)の面積180m2(55坪)くらいの広さで賃料+共益費の合計が70万円くらいの新オフィスに移転しました。

新しいオフィスの住所は以下のとおりです。

住所:〒150-0012 東京都渋谷区広尾3-12-40 広尾ビル4階

JR線恵比寿駅 徒歩12分(または 恵比寿駅前バスのりば 学06 日赤医療センター前行乗車 広尾高校前下車 徒歩1分)

TEL 03-6712-6985(代表 変更あり)

FAX 03-6893-1412(代表 変更なし)

クライアントからの受任件数も売上も着実に伸びてきているので、人材投資+オフィス投資+IT投資を行って、新規・既存クライアントからの受任件数の増加に対応させて頂きました。

すでに登記変更も完了して、新しい住所の法人電子証明書でインターネット特許出願も開始しました!これから、弁理士会、特許庁、裁判所をはじめとした関係各所への住所変更手続きを進めていきます!

2016.12.01

SKIPの所内で日中韓ペアプロ!はじめました。

SKIPの所員数もようやく20名を超え、いわゆる中堅特許事務所に仲間入りしました。その結果、所員に日本人+中国人(朝鮮系中国人+漢民族中国人)が混在する編成になってきました。

そのため、これまでのように、日本人同士で固まり、中国人同士で固まる席の配置では、特許翻訳、OA応答、特許事務などの面で日本人メンバーと中国人メンバーの間で仕事のやり方がガラパゴス的に進化するようになってきました

そこで、オフィスの引越しにあわせて、新しいオフィスでは、日本人と中国人が隣り合わせで座ってもらうレイアウトに変更しました。

日本人と中国人が隣り合わせで座ってもらう理由は、お互いに助けあって能力を高めてもらい、互いに仕事のやり方の改善でうまく行った点をヨコ展開してもらうためです。

ソフトウェア開発の世界では、よくペアプログラミング(ペアプロ)が行われますが、特許実務でも、日本人が日本語をサポートし、中国人が中国語と韓国語をサポートすれば、全員の能力が高まるはず(ペアプログラミングは2人のプログラマが個人で作業した場合に比較して、15% コーディング速度が低下するが、作りこむバグ数も 15% 少なくなる)ですので、いわば【特許実務の日中韓ペアプロ】が実現する事になります。

今後は、この【特許実務の日中韓ペアプロ】によってSKIPの所内でのガラパゴス化が抑制され、日本人と中国人が互いに生産性を高め合うことができる仕組みが実現する予定です。

2015.11.30

SKIPのすべての送受信メールをウイルスチェックして、受信メールにスパムフィルタをかける運用を導入しました。

SKIPの所員数もようやく20名を超え、いわゆる中堅特許事務所に仲間入りしました。その結果、所員の有するメールアドレスの数も多くなり、一日に送受信するメールも膨大な数になってきました。

そのため、所員が各自のPCにセキュリティソフトをインストールする仕組みでは、送受信メールのウイルスチェックが行われなかったり、多数のスパムメールに埋もれて重要なメールを見落とすリスクが高くなってきました。

そこで、オフィスの引越しにあわせて、SK特許業務法人のメールサーバ側で統一的に送受信メールをウイルスチェックして、受信メールにスパムフィルタをかける運用を導入しました。

なお、通常のメールが間違ってスパムフィルタに引っかかる可能性がありますので、一日一回、スパムフィルタに引っかかったメールを確認して、通常のメールをサルベージする運用もあわせて行いますのでご安心ください。

今後は、この対策によってSKIPのセキュリティーの水準がさらに向上して、クライアント様の大切な機密情報をより安全に保管できるようになる予定です。

2015.11.25

SKIPのすべてのPC・プリンタに固定IPアドレスを導入しました。

SKIPの所員数もようやく20名を超え、いわゆる中堅特許事務所に仲間入りしました。その結果、所内に20台以上のPC、10台近くのプリンタ、2台のPATDATAサーバ(本番+予備)、複数台のファイルサーバが混在する環境になってきました。

そのため、所員が増えてPC、プリンタなどを追加するたびに、DHCPサーバがIPアドレスを自動で振り直すことによって所内LAN環境が混乱するようになってきました。

そこで、オフィスの引越しにあわせて、SK特許業務法人の所内LANにおけるPC、プリンタなどに固定IPアドレスを割り振る運用を導入しました。

今後は、この対策によってSKIPのLAN環境がさらに安定して、所員の業務効率がさらに向上する予定です。今後も、SKIPでは、ITをフル活用した業務の効率化に取り組み、クライアントにリーズナブルなサービスを提供するためのコスト削減に取り組んで参ります。

2015.11.25

SKIPのすべてのPCのセキュリティを統一的に管理&設定&更新する運用を導入しました。

SKIPの所員数もようやく20名を超え、いわゆる中堅特許事務所に仲間入りしました。その結果、所員のITスキルのレベルがバラバラの状況になってきました。

そのため、所員が各自のPCにセキュリティソフトをインストールする仕組みでは、セキュリティソフトのインストール漏れ、更新漏れ、設定の間違いが起こるようになってきました。

そこで、オフィスの引越しにあわせて、SK特許業務法人でセキュリティソフトを統一的に管理&設定&更新する運用を導入しました。

今後は、この対策によってSKIPのセキュリティーの水準がさらに向上して、クライアント様の大切な機密情報をより安全に保管できるようになる予定です。

2015.11.24

伊藤弁理士のマネジメント・人材育成・システム開発への軸足の移動(ご指名案件は、引き続き受任します!)のお知らせ。


伊藤弁理士と相談した結果、11/24の新オフィスへの引越を持って、伊藤弁理士はマネジメント・人材育成・システム開発に軸足を移して、押谷内藤奥村などの指導に回ることになりました。

ただし、伊藤弁理士のご指名案件については、伊藤弁理士が引き続き受任して直接担当します。

伊藤弁理士ファンの皆様に於かれましては、遠慮無くドシドシご指名ください。


今後も、SKIPは以下の体制で運営されます。
CEO(代表社員 持分67% 経営責任者):奥野

COO(社員 持分33% 実務責任者):伊藤

理由1:伊藤弁理士が前厄(39歳)になり、高血圧を指摘されて大学病院に検査入院することになった。幸い、診断結果は問題なかったが、塩分控えめの食事療法+適度な運動+十分な睡眠などの健康的な生活を行い、無茶な仕事をしないように注意された。

理由2:伊藤弁理士がこれまでのように土日を潰して睡眠時間を削ればかなり多くの実務は可能だが、伊藤弁理士の体調が悪化して本厄(40歳)、後厄(41歳)の時期に体を壊すことになると、うまく行っている奥野+伊藤の共同経営体制が崩壊する可能性がある。

理由3:幸いなことに、押谷内藤奥村が戦力になりバリバリと活躍してくれているので、伊藤弁理士のご指名案件以外は、伊藤弁理士が押谷内藤奥村を指導すればうまく回るようになってきた。

デメリット:伊藤弁理士のファンのクライアントが、伊藤弁理士に明細書を書いてもらいたいのに【なんだよ、若手のアソシエイトに書かせるのかよ!】 と不満に思う可能性がある(どこの事務所でも、経営者が自分で実務をせずに、部下に実務を全部任せているときによく見られる光景・・・特に、経営者は営業に飛び回っていて所内におらず、若手の未熟なアソシエイトがテキトーに書いた明細書を経営者がちゃんとチェックせずにそのままクライアントに納品している場合)

対策:SKIPの経営体制のように、クライアントに請求する料金を業界平均よりも30%以上安くすることによって、【奥野+伊藤がまったく営業活動をしなくても、勝手にクライアントの方から仕事を依頼をしてくれる体制】を構築する。その結果、奥野+伊藤は、常に所内にいて若手のアソシエイトに指導をしたり、品質チェックをすることができるようになる。このようにすれば、クライアントに納品する作品(明細書原稿+OA応答案+翻訳文など)のQC(品質管理)をしっかりとすることができるため、一定の品質を保ちながら大量の作品をクライアントに提供することができる。

ただし、アソシエイトによる一定品質以上の汎用品では満足できず、特注品を依頼したいクライアントもいる。そのため、伊藤弁理士ファンからのご指名案件については、これまで通り伊藤弁理士が直接担当をする。

2016.11.24 代官山駅から恵比寿駅へSKIP!

SKIPの所員数もようやく20名を超え、いわゆる中堅特許事務所に仲間入りしました。その結果、オフィスが狭くなって労働環境が少し悪化し始めてきました。

また、売上が月2,000万円程度で安定してきたため、11月の三連休明けの2015年11月24日(火)から渋谷区広尾(恵比寿駅徒歩15分:山種美術館の隣)の面積180m2(55坪)くらいの広さで賃料+共益費の合計が70万円くらいのオフィスに移転しました。

新しいオフィスの住所は以下のとおりです。

住所:〒150-0012 東京都渋谷区広尾3-12-40 広尾ビル4階

JR線恵比寿駅 徒歩12分(または 恵比寿駅前バスのりば 学06 日赤医療センター前行乗車 広尾高校前下車 徒歩1分)

TEL 03-6712-6985(代表 変更あり)

FAX 03-6893-1412(代表 変更なし)

現在の売上規模からすると、少し先行投資のような感じもありますが、2015年に採用した人材が着実に成長して、クライアントからの受任件数も売上も着実に伸びてきているので、少し早めに人材投資+オフィス投資+IT投資を行って、新規・既存クライアントからの受任件数の増加に対応させて頂きました。

すでに引越しも完了しました!今後の新しいオフィスでのSKIPの活躍をお楽しみに!

2015.11.24

SKIPの新しいオフィスにセコムのセキュリティーシステムを導入しました。

SKIPの所員数もようやく20名を超え、いわゆる中堅特許事務所に仲間入りしました。その結果、非常に多くのクライアントの企業秘密を扱うようになってきました。

そのため、これまでのオフィスのセキュリティー体制(グーグルの子会社のネストが提供しているNest Cam)では、不審者の侵入をうまく防げるかどうかやや不安な状況になってきました。

そこで、オフィスの引越しにあわせて、SK特許業務法人の入居する新しいオフィスにセコムのセキュリティーシステムを導入しました。

なお、現在使っているNest Camも新オフィスでは引き続き活用していきます。

今後は、この対策によってSKIPのセキュリティーの水準がさらに向上して、クライアント様の大切な機密情報をより安全に保管できるようになる予定です。

2015.11.20
徳重大輔が執筆した論文が知財管理誌11月号に掲載されました。

徳重大輔が執筆した論文「抗体医薬特許における、非配列限定型/配列限定型特許の出願・審査傾向の分析と考察」が知財管理誌11月号(11月20日発行)に掲載されました。

徳重大輔が連載しているブログ【バイオパテントブログ】とも併せてお楽しみください。

今後も、SKIPでは、優秀な意欲あふれる若手所員による論文執筆、セミナー講演、弁理士会の委員会での活動などを行って、積極的に情報発信をしていく予定です。

2015.11.19

奥村、英会話ランチ参加するってよ:SKIPの所内勉強会第三弾(英会話ランチ)拡充のお知らせ

SKIPでは、数年前から若手の自発的提案で英会話ランチ(SKIPの所員なら誰でも参加OK)による英語の勉強会を行っています。

SKIPの近くにあるレストランなどで、週に1回、毎週木曜日に集まって英会話ランチを行っています。お昼ごはんを食べている間は英語しか喋っちゃダメという条件付きですが、お昼ご飯代はSKIPが負担しています。

このたび、英会話ランチに参加した奥村光平がブログでその様子を紹介してくれました。

SKIPには、社食などはありませんが、このような形でささやかな福利厚生を実現しています。

2015.11.17

SKIPの総ゲーマー化計画(ゲーミングスペックのPC、モニタ、アクセサリの提供)をはじめました。

SKIPでは、経営ミッションを実現するための強力な組織を育成していくために、幼い頃からゲームに慣れ親しんだ「ゲーム脳を持つゆとり世代」が続々入社してきている今日、彼らのモチベーション維持、組織への定着を促すために、オープンブックマネジメントとボーナスコンテストを組み合わせた独自のゲーミフィケーション経営による組織マネジメントシステムを構築しています。

そこで、テストケースとして、ゲーム脳世代の天才プログラマーである坪龍志のPC周りを徹底的に改造(理想的には、こんな感じのコックピットにすることが目標・・・)して、そこでうまく行ったケースを横展開することにしました。

まずは、坪龍志のPCモニタを下記の4Kの40インチモニタにすることにしました。

PHILIPS(ディスプレイ)  4K対応ワイド液晶 

ディスプレイ画面サイズ 40 インチ

ディスプレイ最大解像度 3840×2160

この4Kの40インチモニタを用いて坪龍志の業務効率が向上するようであれば、順次、SKIP内のPCモニタを4Kの40インチモニタに置き換えていく予定です。

SKIPとしては、上記の動画のように、坪龍志が時間を忘れて仕事に没頭して家に帰らなくなる(グーグルのように、家に帰るよりもオフィスにいる方が楽しいので、思わず自発的に24時間365日喜んで働いちゃう仕組みを作る・・・その結果、極限まで所員の能力を絞り出すことができ、初任給1800万円を払ってもお釣りがくるような超高収益企業になる・・・まさに理想の企業経営です!)くらいにオフィスに入り浸りになれば大成功だと考えています。

このように、SKIPでは、グーグルのように、幼い頃からゲームに慣れ親しんだ「ゲーム脳を持つゆとり世代」が最大限の能力を発揮できる職場環境づくりに取り組んで行く予定です。

2015.11.12 奥野弁理士が日本弁理士会の知的財産戦略本部対応WGの委員に選任されました。

奥野彰彦 弁理士が 2015年11月12日に日本弁理士会の知的財産戦略本部対応WGの委員に選任されました。

今後、弁理士会の知的財産戦略本部対応WGでは、内閣府の知財戦略本部特許庁裁判所日弁連知財協知財研などと連携して、知財紛争処理システムの改善に向けた取り組みを行っていきます。

奥野彰彦 弁理士としては、このような大役を務めるのは初めての経験ですが、これまでに多くの特許・商標の無効審判・審決取消訴訟・侵害訴訟を代理した経験を活かして、弁理士会の公的活動に貢献していきたいと考えています。

2015.10.11

所内の弁理士・特許技術者のワードに【坪 Wordアドイン共有 エンジン】を搭載しました。

所員の増加にともなって、最近、SKIPの弁理士・特許技術者が各自で開発している明細書作成・特許翻訳などのためのワードマクロを共有化するのが難しくなってきました。

そこで、SKIPでは、所内のシステム開発者(弁理士・特許技術者と兼任)によって、独自の【つぎはぎITシステム】によるワードマクロの共有システムの改善を【アジャイル開発】思想にもとづいて【スクラム】を組んで【DevOps】の手法に基づいて進めています

その結果、2015年11月11日には、SKIPの弁理士・特許技術者が用いているワードに、【坪 Wordアドイン共有 エンジン】を搭載する自動メジャーアップデートを行い、SKIPの弁理士・特許技術者が各自で開発しているワードマクロの独自アドインおよび共有アドインを同期させることに成功しました。

【坪 Wordアドイン共有 エンジン】の開発者:坪 龍志

この結果、SKIPの弁理士・特許技術者は、他人の開発した独自アドインの中で欲しい機能があれば、自分の独自アドインに組み込んだり、共有アドインに組み込むことが可能になりました。その結果、SKIP所内での明細書作成・特許翻訳などのためのワードマクロの開発速度が加速度的にスピードアップし、他人のマクロを共有することによってマクロによる業務の効率化の横展開もスムーズになって、明細書作成・特許翻訳業務の効率化も一気に加速できる体制が構築されました。なお、共有アドインに組み込まれた独自機能を開発した弁理士・特許技術者には、マクロ開発手当を別途報酬に上乗せ支給することにしました。

今後、画期的な【坪 Wordアドイン共有 エンジン】によって、ワードマクロによる業務の効率化の横展開がスピードアップし、弁理士・特許技術者の業務効率がさらに向上する予定です。

2015.11.10 機械・電機系の特定クライアントの国内出願のプレミアム歩合制度を拡充しました。

内容:機械・電機系の特定クライアントの国内出願(発明者原稿あり+書き起しのいずれも)の歩合+10%

理由:国内明細書の作成は、利益率は高くないが、高いスキル(例:ユニバーサル・ドラフティングの能力)が必要であり、その後の中間+内外につながる極めて重要な業務(SKIPの戦略を実現するためのコア業務)です

国内明細書の作成の仕事は儲からないからということで、所内のメンバーが国内の仕事を嫌がって、外内+内外ばかり優先して担当したがるようになると、国内のクライアントが離れていきます。その結果、中長期的には、国内→内外→外内の流れが細くなっていき、SKIPの業績が低迷することになります。

国内明細書の作成でも、特に負荷が重いのが、機械・電機系の複雑な図面を多数書く必要のある明細書です。

そこで、まずは、2015年10月1日~2015年10月31日までの試験運用として、 機械・電機系の特定クライアントの国内出願(発明者原稿あり+書き起しのいずれも)の歩合+5% の運用を行ったところ、国内出願担当者のモチベーションが著しく向上するという好ましい成果が上がりましたので、2016年11月分の報酬~正式な制度として採用し、プレミアム歩合を+5%から+10%に拡充することにしました。

2015.11.09

SKIPの影の内閣における特命担当大臣制度を導入しました

SKIPでは、奥野・伊藤の引退後の幹部を育成するために、若手の弁理士・特許技術者による影の内閣(シャドー・キャビネット)を構成し、所内の業務改革に取り組んでいます。

このたび、下記の通り、SKIPの影の内閣における特命担当大臣の任命を行いました。

徳重大輔:バスケ大臣

鈴木章太郎:バックアップ大臣

安倍良和:引越大臣

押谷昌宗:宴会大臣

内藤浩介:セキュリティ大臣

奥村光平:ネットワーク大臣

坪龍志:マクロ大臣

所内の中国人の若手の弁理士・特許技術者、若手の女性陣にも、今後、内閣改造の際に適切な任務を割り振っていく予定です。

さらにパワーアップした、SKIPの影の内閣(シャドー・キャビネット)の活躍にご期待ください!

2015.11.09

インターネットバンキングのICカード認証を導入しました。

SKIPでは、多くのクライアント様からのご愛顧のおかげで、売上が順調に増大しており、毎月の入出金の金額が数千万円の規模になり、インターネットバンキングのハッキングの危険性が増えてきました。

そこで、ICカードによる個人認証システムを利用して、インターネットを使って安全かつスムーズに入出金を行える仕組みを構築しました。

これで、(1)金融機関に出向く移動時間やコストが削減でき、 (2)ハッキングに対するセキュリティーが向上することになりました。今後も、SKIPでは、ITをフル活用した業務の効率化に取り組み、クライアントにリーズナブルなサービスを提供するためのコスト削減に取り組んで参ります。

2015.11.06

SKIPの期限管理サーバーとChatWorkの連携についてチャットワーク社の取材を受けました。

SKIPでは、所内のシステム開発者(弁理士・特許技術者と兼任)によって、SKIP独自の業務システムと期限管理システム(PATDATA)との連携システム(SKIP-PDW)の開発を、独自の【つぎはぎITシステム】による業務システムの改善を【アジャイル開発】思想にもとづいて【スクラム】を組んで【DevOps】の手法に基づいて進めています

その結果、2015年9月9日には、SKIP-PDW YosemiteをメジャーアップデートしたSKIP-PDW El Capitanを所内リリースすることができました。このSKIP-PDW El Capitanは、ChatWorkとも連携しており、期限が近づいてきたものについては、その情報をChatWorkに流すことで関係所員にリマインドするようにしています。

この活用事例について、Chatwork社の取材を受けました。近日中にChatworkの公式ブログで紹介される予定です。

このように、SKIPの所内システムでは、ChatWorkとの連携によって、SKIPの所員各自の期限管理の効率化と高精度のリマインドが可能になっております。

2015.11.06

押谷、バランスボールで仕事するってよ

【衝撃的な朝の光景・・・】

奥野:「ありのまま今起こったことを話すぜ・・・ 『奥野が今朝オフィスに出勤してきたら、押谷がいつもどおり自分の席で明細書を書いているなーと思ったら、そのケツの下に椅子の代わりに何か丸いものがあるんだよ』 な・・・なにを言ってるのかわからねーと思うが、 おれも何が起こったのかわからなかった」

どうやら、グーグルのオフィスにバランスボールが転がっているのが【シリコンバレーっぽくてかっこいい!】と思ってやっちゃったみたいです・・・。

しかしながら、押谷にバランスボールの座り心地を聞いてみると、【すっごい仕事しやすい】とのことですので、バランスボールで仕事することを許可し、希望者には下記の通り支援を行うことにしました。

SKIPの経費でバランスボールの購入OK

EGS(イージーエス)

GYMNIC(ギムニク)

押谷の方で、このままバランスボールで仕事をしてもらい、結果が良好であれば、他のメンバーにも横展開してもらおうと思います。

2015.11.04

奥村、勉強会はじめるってよ:SKIPの所内勉強会第二弾(弁理士試験勉強会)創設のお知らせ

SKIPに若手の所員が増えてきた結果、若手の自発的提案でSKIPの所内に勉強会(事務局:奥村、会員:内藤)が発足しました。

SKIPの会議室で、週に2回、午前8:00-10:00までSKIPの会議室で弁理士試験の勉強会を開始しました。SKIPの若手の所員が早期に弁理士試験に合格し、実務でバリバリと活躍してくれればと思います。

SKIPとしては、下記の支援を行う予定です。

会議室の提供

教材の印刷のためのコピー機の使用許可(もちろん無料!)

弁理士試験の受験講座費用の半額補助(一人あたり年間上限10万円まで)

2015.10.30

SKIPの隠れ債権をバランス・オンして資金繰りを改善しました。

SKIPでは、通常の権利化業務に加えて、多数の国を対象とした長期間にわたるプロジェクト業務を受任することもあります。

このようなプロジェクト業務では、プロジェクトが完了するまでの間に多くの工数・印紙代・現地代理人費用がかかり、それらの立替費用が隠れ債権として膨らんでしまう問題が有ります。

そこで、SKIPでは、これまでに受任しているプロジェクト業務について、現在の状況を整理して中間報告・中間請求書を発行させて頂いて、隠れ債権をバランス・オンして資金繰りを改善する作業を実施しました。この結果、数百万円の隠れ債権をバランス・オンすることができ、大きく資金繰りを改善することができました。

2015.10.30 欧米中韓台などの現地代理人の評価リストを作成しました。

内容:SKIPが現在取引のある欧米中韓台などの現地代理人の料金、価格、過去の納期実績、過去のサービス水準などのデータを整理して評価リストを作成しました。

理由:欧米中韓台などの海外の安価、高品質、迅速な現地代理人の選定は、SKIPの国内クライアントが安価な知財予算で強力な特許ポートフォリオを構築する上で鍵になる要素であり、極めて重要な業務(SKIPの戦略を実現するためのコア業務)です

海外出張の際に過大な接待を受けたりして(ひどい時には、受注金額の数%を発注者の隠し口座に送金したりして・・・)一種の癒着関係を築き、案件交換(キックバック、レシプロなどともいいます・・・)という名目でお互いに値引き交渉なしでお互いに優先発注することが特許業界ではよくあります。

しかし、このようなことを続けていると、現地代理人に対する価格交渉力・品質管理能力が失われて、SKIPの国内クライアントに高価な知財予算で脆弱な特許ポートフォリオを構築させてしまうことになってしまいます。その結果、中長期的には、国内→内外→外内の流れが細くなっていき、SKIPの業績が低迷することになります。

そこで、まずは、2015年10月末までに欧米中韓台の現地代理人の料金、価格、過去の納期実績、過去のサービス水準などのデータを整理して評価リストを作成しました。

運用の結果が良好であれば、2016年1月1日~正式な制度として採用し、他の東南アジア+インド+ブラジル+ロシア+中東+オーストラリア+メキシコ+カナダ+トルコ+南アフリカなどについてもにも適用を広げる予定です。

2015.10.30

SKIPのメンバーの備品購入の決裁限度額を1万円に上げました。

SKIPでは、備品類は在庫数が少なくなったとき(完全になくなる前、残り1つとか2つとかのとき)に、気づいたメンバーがチャットで購買担当者にアスクルアマゾンなどでの購入依頼をするようにしています。

これまでは、5千円を超える備品を購入する際には、事前に奥野または伊藤に申請して決裁を受けてから購入してもらうようにしていましたが、業務の効率化のために、決裁限度額を1万円に上げる事にしました。この結果、備品購入の際の決裁が不要になるケースが増えて、備品購入業務の効率が向上する予定です。

2015.10.23

SKIP所内で肩書廃止の【さん付け運動】をはじめました。

所員の増加にともなって、SKIPのメンバーの中にも弁理士資格・弁護士資格・博士号などを有するメンバーが増えてきました。

そのため、所内で他のメンバーに声をかける際に【○○先生】や【○○博士】などと呼ぶケースも出てきたのですが、相手が国家資格を持っているか、博士号をもっているかで呼び方を変えるのは正直ダルいです。そこで、SKIP所内で肩書廃止の【さん付け運動】を開始しました。

すでに、SKIPでは、【虚礼廃止・実質重視】の方針に基づいて、

【完全フレックスタイム制度】

【カジュアル出勤制度】

【年賀状・暑中見舞の廃止】

【お中元・お歳暮の廃止】

【取引先への挨拶回り禁止】

【麻雀・カラオケ・ゴルフ接待禁止】

【お姉ちゃんのいる店での接待禁止】

【職場飲み会への経営者参加禁止】

などを取り入れていますが、この【さん付け運動】の実施により、【虚礼廃止・実質重視】の方針が徹底することになると考えています。

2015.10.22

秘書グループの業務効率化+不要業務の洗い出し(稼げる秘書グループ化 第四弾プロジェクト)を続けています。

SKIPでは、所内のシステム開発者(弁理士・特許技術者・秘書と兼任)によって、独自の【つぎはぎITシステム】による業務システムの改善を【アジャイル開発】および【DevOps】の手法に基づいて、秘書グループの業務の効率化のためのコーディングを進めています

具体的には、秘書グループのメンバーが、各人の業務の中で効率化できそうなポイントを見つけてマクロ開発の要望を所内チャットシステムに挙げてもらっています。その際、必要と思ってやっている業務が実は必要度が高くないことかどうかの検討を行ってもらって、不要業務の洗い出しを進めてもらっています。

これまでは、内外案件の現地特許庁の印紙代および現地代理人の報酬については、国内クライアントからの支払いを待ってから現地代理人への支払いを行っていましたが、現地代理人からすれば、国内クライアントがSKIPにお金を支払ったかどうかは関係なく、国内クライアントからの売掛金の回収リスクはSKIPが負担すべきであるため、クライアントからの支払いの有無に関わらず、SKIPから現地代理人に請求書の金額を支払う運用に変更しました。

その結果、国内クライアントからのお金の支払いの有無を確認してから、現地代理人に支払うべきかどうか検討するという工数を削減でき、経理の工数をかなり合理化できました。

このようにして、SKIPの秘書グループには、単にルーチンな事務作業をするだけではなく、所内のシステム開発者と協力して、自分が担当する業務の効率化の提案をしたり、不要な業務を洗い出して廃止したりすることによって、秘書グループの生産性を高める活動をしてもらう体制に移行してもらっています

2015.10.21

SKIPの期限管理サーバーとChatWorkの連携についてチャットワーク社のブログで掲載して頂きました。

SKIPでは、所内のシステム開発者(弁理士・特許技術者と兼任)によって、SKIP独自の業務システムと期限管理システム(PATDATA)との連携システム(SKIP-PDW)の開発を、独自の【つぎはぎITシステム】による業務システムの改善を【アジャイル開発】思想にもとづいて【スクラム】を組んで【DevOps】の手法に基づいて進めています

その結果、2015年9月9日には、SKIP-PDW YosemiteをメジャーアップデートしたSKIP-PDW El Capitanを所内リリースすることができました。このSKIP-PDW El Capitanは、ChatWorkとも連携しており、期限が近づいてきたものについては、その情報をChatWorkに流すことで関係所員にリマインドするようにしています。

API連携のまとめ その1 〜 チャットワーク上に何かを自動表示する

このように、SKIPの所内システムでは、ChatWorkとの連携によって、SKIPの所員各自の期限管理の効率化と高精度のリマインドが可能になっております。

2015.10.20

ブログを執筆している所員にグーグル・アナリティクスのアカウントを付与しました。

所員の増加にともなって、SKIPのメンバーの中にもブログを執筆するメンバーが増えてきました。

そこで、ブログを執筆している所員にグーグル・アナリティクスのアカウントを付与することによって、自分のブログのどの記事がどれくらい読まれているのか分析できるようにしました。

グーグル・アナリティクスは、読者の興味が一目で分かるのでとっても便利!

今後、グーグル・アナリティクスを使った分析によって、SKIPの所員のブログの記事がさらに面白くなる予定です。

2015.10.20

押谷昌宗・奥村光平がSKIP-PDWの開発チームに加わりました

SKIPでは、所内のシステム開発者(弁理士・特許技術者と兼任)によって、SKIP独自の業務システムと期限管理システム(PATDATA)との連携システム(SKIP-PDW)の開発を、独自の【つぎはぎITシステム】による業務システムの改善を【アジャイル開発】思想にもとづいて【スクラム】を組んで【DevOps】の手法に基づいて進めています

その結果、2015年9月9日には、SKIP-PDW YosemiteをメジャーアップデートしたSKIP-PDW El Capitanを所内リリースすることができました。このSKIP-PDW El Capitanは、自動アップデート機能を実装しており、毎日1回以上の頻度(毎年、毎月、毎週ではなく、毎日です・・・)でどんどんマイナーアップデートをしていく仕組みになっています。

このたび、押谷昌宗・奥村光平がシステム開発者(弁理士・特許技術者と兼任)が開発メンバーに加わって、SKIP-PDWの開発チームが更に強力になりました。

押谷昌宗

奥村光平

さらにパワーアップした、SKIPの所内開発チームの活躍にご期待ください!

2015.10.16

期限管理ソフト:PATDATAのデータ棚卸し(四半期ごと)を行いました。

SKIPでは、所内のシステム開発者(弁理士・特許技術者と兼任)によって、独自の【つぎはぎITシステム】による業務システムの改善を【アジャイル開発】思想にもとづいて【スクラム】を組んで【DevOps】の手法に基づいて進めています

その結果、2015年9月9日には、SKIP-PDW YosemiteをメジャーアップデートしたSKIP-PDW El Capitanを所内リリースすることができ、2015年10月7日には、全所員のPCに期限管理システム(PATDATA)のクライアントソフトをインストールして、弁理士・特許技術者による明細書ドラフティング、OA応答、特許翻訳などの業務の効率を一気に向上させ、2015年10月15日には、SKIP独自の業務システムと期限管理システム(PATDATA)との連携を行うための同期エンジンとして【坪エンジン】を搭載することによって、同期速度を10倍以上高めることに成功しました。

これに伴って、PATDATAに入力されている期限管理データ自体の正確性を保証するために、四半期毎にPATDATAのデータの棚卸作業を今回も行いました。

具体的には、日米欧中韓台などの主要国について、重要な期限(例えば、審査請求期限など)の消失+入力ミスなどが無いかどうかの確認作業を行いました。なお、これらの確認作業自体もマクロなどをフル活用して自動化して効率的な棚卸作業を行いました。

2015.10.15

SKIP-PDW El Capitanに【坪エンジン】を搭載して同期速度を10倍速くしました。

所員の増加にともなって、最近、SKIP独自の業務システムと期限管理システム(PATDATA)との連携システム(SKIP-PDW Yosemite)にかなりの負荷が生じるようになってきました。

そこで、SKIPでは、所内のシステム開発者(弁理士・特許技術者と兼任)によって、独自の【つぎはぎITシステム】による業務システムの改善を【アジャイル開発】思想にもとづいて【スクラム】を組んで【DevOps】の手法に基づいて進めています

その結果、2015年10月15日には、SKIP-PDW El Capitanに、これまでの【伊藤エンジン】に代えて【坪エンジン】を搭載するマイナーアップデートを行い、SKIP独自の業務システムと期限管理システム(PATDATA)との連携のための同期速度を10倍以上高速化することに成功しました。

【坪エンジン】の開発者:坪 龍志

今後、SKIP独自の業務システムと期限管理システム(PATDATA)との連携機能が10倍以上スムーズになり、弁理士・特許技術者の業務効率がさらに向上する予定です。

2015.10.08

SKIP創業7周年のお知らせ(【ロゴあ~る×ビスケッチ】による【商標登録+ロゴデザイン】はじめました)

私どもSK特許業務法人は、おかげさまで2015年10月8日を持ちまして、事務所開設から7周年を迎えました。

つきましては、これまでのクライアントの皆様のご愛顧への感謝の念を込めまして、創業7周年を記念して素敵なサプライズキャンペーン提案として、【ロゴあ~る×ビスケッチ】による【商標登録+ロゴデザイン】のサービスを開始させていただく予定です。

SKIPでは、今後、【商標登録+ロゴデザイン】をお得なセット価格で提供していきます。現在、サービス開始の準備中ですので、準備が整いましたら、別途告知させて頂きます。

SKIPは今後も特許のみならず意匠・商標の分野でも御社の知財予算のコスト削減をサポートさせて頂きます。

2015.10.08

全所員の電子メールの運用ルールを統一しました。

所員の増加にともなって、SKIPのメンバー各自のメールの運用がバラバラの状況になり、メールサーバに大量の古いメールが残っていて負荷がかかったり、メールが2重に届いたりする問題が発生するようになってきました。

そこで、2015年10月8日に所内のメンバー各自のメールの運用ルールを統一して、さらに各自のメーラーの設定を統一することによって、メールサーバの大量の古いメールを削除して負荷を軽減して、メールが2重に届いたりする問題を解消しました。

SKIPで使っている無料のメーラーであるThunderbird(サンダーバード)は、色々なアドオンが使えるのでとっても便利!

今後、全所員の電子メールの運用ルールの統一によって、クライアント・現地代理人とのコミュニケーションがさらにスムーズになり、弁理士・特許技術者・秘書の業務効率がさらに向上する予定です。

2015.10.07

全所員のPCに期限管理システムのクライアントを導入しました。

所員の増加にともなって、最近、SKIP独自の業務システムと期限管理システム(PATDATA)との連携システム(SKIP-PDW Yosemite)にかなりの負荷が生じるようになってきました。

そこで、SKIPでは、所内のシステム開発者(弁理士・特許技術者と兼任)によって、独自の【つぎはぎITシステム】による業務システムの改善を【アジャイル開発】思想にもとづいて【スクラム】を組んで【DevOps】の手法に基づいて進めています

その結果、2015年9月9日には、SKIP-PDW YosemiteをメジャーアップデートしたSKIP-PDW El Capitanを所内リリースすることができました。

そこで、このSKIP-PDW El Capitanによる業務効率の向上効果を最大限に発揮させるために、全所員のPCに期限管理システム(PATDATA)のクライアントソフトをインストールして、弁理士・特許技術者による明細書ドラフティング、OA応答、特許翻訳などの業務の効率を一気に向上させました。

今後、SKIP独自の業務システムと期限管理システム(PATDATA)との連携機能がさらにスムーズになり、弁理士・特許技術者の業務効率がさらに向上する予定です。

2015.10.05 外内案件の不良債権を未然に予防するための運用(前金の必要性の判断基準の明確化)を開始しました。

2015年の10月5日からアジアグループで不良債権の解決方法に関して相談してもらった結果、これからの請求方法を以下のようにしてもらうことになりました。

1.毎回中韓台案件に係る請求書を作成するときに、技術担当の依頼に基づいて、請求書の作成者が当現地代理人の未入金リストを確認する。

2.三カ月以上経つ請求書が一つでもあれば、リストをPDFで送付し、原則一ヶ月以内に支払わなければ、案件を進められないと伝える。緊急案件に関しては法定期限日に応じて支払い期限日を早める。その際、現地代理人の格付けがA(要注意)以上である場合には、B(前金必須)以下に格下げして、チャットワークで所内に周知する。

3.三ヶ月以上経つ請求書がない場合は、事務所によっては、B(前金必須)ランクであっても今までの通りに進める。即ち、前金を切らずに、普通の請求書を送る場合もある。その際、現地代理人の格付けがB(前金必須)以下である場合には、A(要注意)以上に格上げして、チャットワークで所内に周知する。

この運用が順調に行けば、外内案件の売掛金の回収スパンが3~4月以内になるため、CCC(キャッシュコンバージョンサイクル)は+2月となり、大きく短縮されます。その結果、SKIPが完全無借金経営でも資金繰りショートをしない体制を構築できます。

2015.10.01 機械・電機系の特定クライアントの国内出願のプレミアム歩合制度をはじめました。

内容:機械・電機系の特定クライアントの国内出願(発明者原稿あり+書き起しのいずれも)の歩合+5%

理由:国内明細書の作成は、利益率は高くないが、高いスキル(例:ユニバーサル・ドラフティングの能力)が必要であり、その後の中間+内外につながる極めて重要な業務(SKIPの戦略を実現するためのコア業務)です

国内明細書の作成の仕事は儲からないからということで、所内のメンバーが国内の仕事を嫌がって、外内+内外ばかり優先して担当したがるようになると、国内のクライアントが離れていきます。その結果、中長期的には、国内→内外→外内の流れが細くなっていき、SKIPの業績が低迷することになります。

国内明細書の作成でも、特に負荷が重いのが、機械・電機系の複雑な図面を多数書く必要のある明細書です。

そこで、まずは、2015年10月1日~2015年12月31日までの試験運用として、 機械・電機系の特定クライアントの国内出願(発明者原稿あり+書き起しのいずれも)の歩合+5% の運用を行うこととしました。

運用の結果が良好であれば、2016年1月1日~正式な制度として採用し、他の機械・電機系の負荷の重いクライアントにも適用を広げる予定です。

2015.10.01 電機・制御・IT系の特許技術者の奥村光平が入所しました。

2015年の10月1日から電機・制御・IT系の特許技術者である奥村光平(男性 30代前半 TOEIC920 弁理士試験 短答合格)が入所しました。

新規採用した東京大学工学研究科博士課程修了、大手特許事務所出身の電機・制御・IT系の特許技術者である奥村光平を定着させ、2015年末までには戦力化して、電機・制御・IT系の新規・既存クライアントか らの受任件数の増加に対応していく予定です。よろしくご指導・ご鞭撻のほどお願い致します。

2015.10.01

忙しくて健康診断に行けない所員のために、スマホ de ドックを採用しました。

仕事が忙しくて健康診断に行けない所員のために、下記のスマホ de ドックで健康診断を受けた場合も、SKIPで費用を負担することにしました。

スマホ de ドック

生化学14項目検査1回につき4,980円 (税抜)でサービスを提供。

SKIPのメンバーには、簡単な形でもよいので健康診断をしてもらって体調を整えてもらい、バリバリ働いてもらおうという趣旨です。

2015.10.01

SKIPの求人情報

急募! 国内・欧米事務の求人資格←詳細はこちらをクリック!

パテントサロンでも募集中です。

応募資格:

英語:TOEIC700点(英検2級)以上を歓迎、TOEIC800点(英検準1級)以上を優遇。

ITスキル:ワード・エクセルの操作ができることが必須、エクセル関数が使えれば優遇、VBAマクロが操作できれば尚優遇

国内事務だけでなく、欧米事務も担当していただき、所内の業務効率化にも取り組んで頂きますので、ITが得意で英語力のある方を積極的に採用させて頂きます。

なお、2015年には既に3名の国内・欧米事務が入所済みですが、さらに追加で1名の国内・欧米事務を採用したいと考えています。

稼げる秘書グループ(代官山で☆キラキラ☆知財系秘書ライフ)

↑応募の参考にしてください

2015.10.01

SKIPの求人情報

■急募 文系弁理士(特許事務・意匠・商標担当)の求人資格←詳細はこちらをクリック!

パテントサロンでも募集中です。

応募資格:

英語:TOEIC700点(英検2級)以上を歓迎、TOEIC800点(英検準1級)以上を優遇)

ITスキル:ワード・エクセルの操作ができることが必須、エクセル関数が使えれば優遇、VBAマクロが操作できれば尚優遇

意匠・商標:未経験も歓迎、経験があれば優遇

特許事務:未経験も歓迎、経験があれば優遇

意匠・商標だけでなく、国内事務・欧米事務も担当していただきますので、英語力のある方を積極的に採用させて頂きます。

なお、2016年1月~は1名の文系弁理士が入所予定ですが、さらに追加で1名の文系弁理士を採用したいと考えています。

男性・女性問わずに募集しております!

稼げる秘書グループ(代官山で☆キラキラ☆知財系秘書ライフ)

↑応募の参考にしてください

2015.09.30

第三四半期の黒字化達成のお知らせ

2015 年の第三四半期(法人事業)で黒字化達成((管理会計、確定、累計):売上高 約1億5,762万円, 当期純利益 約1,499万円, 手元現預金 約1,933万円, 有利子負債ゼロ、経営陣等からの短期借入金 約539万円, 不良債権(請求書発行(月末締後)3ヶ月超の売掛金)額 約743万円(不良債権比率 約3.7%)、自己資本比率 60%強)

SKIPは、銀行などからの有利子負債はゼロであり、常に売上の1ヶ月~2ヶ月分の手元現預金を準備しておりますので、資金繰り ショートによる倒産の心配はありません。創業から7年たち、ようやくSKIPが高利益体質に生まれ変わりましたので、2015年1月~新しく構築した与信管理システム+債権回収システムをきちんと運用して不良債権を減少させ、経営陣等からの短期借入金の返済を進め、2016年末までに完全無借金経営に移行してさらに強力な財務体質を構築することを目指します。
2015.09.30

代理案件数の累計5,500件突破のお知らせ

新規・既存クライアントのご愛顧の御蔭で、SKIPの代理案件数(出願、中途受任、鑑定など)の累計が5,500件を突破しました。

2015.09.19

名古屋大学での「企業と博士人材の交流会」で講演を行いました。

奥野彰彦 弁理士が 2015年9月19日(土)に名古屋大学ビジネス人材育成センターの主催する第5回『企業と博士人材の交流会』に参加して、「知名度ゼロの儲かる職業 弁理士になりませんか?」の講演を好評のうちに行いました。

新規・既存クライアントからの受任件数の増加に対応するために、名古屋大学をはじめとする一流大学の優秀な理系博士人材を積極的に採用して参ります。

2015.09.12
奥野弁理士が岡山大学で「エンプロイアビリティーとしての起業家精神」セミナーで講演を行いました

奥野彰彦 弁理士が 2015年9月12日(土)に岡山大学若手研究者キャリア支援センターの主催するDCSP(ドクターキャリアサポート)セミナーにて「エンプロイアビリティーとしての起業家精神」の講演を好評のうちに行いました。

新規・既存クライアントからの受任件数の増加に対応するために、旧制6高の流れを組む岡山大学をはじめとする一流大学の優秀な理系博士人材を積極的に採用して参ります。

2015.09.10

所内業務システムのソフトウェア開発キット(SDK)を所内公開しました。

SKIPでは、所内のシステム開発者(弁理士・特許技術者と兼任)によって、SKIP独自の業務システムと期限管理システム(PATDATA)との連携システム(SKIP-PDW)の開発を、独自の【つぎはぎITシステム】による業務システムの改善を【アジャイル開発】思想にもとづいて【スクラム】を組んで【DevOps】の手法に基づいて進めています

その結果、2015年9月9日には、SKIP-PDW YosemiteをメジャーアップデートしたSKIP-PDW El Capitanを所内リリースすることができました。このSKIP-PDW El Capitanは、自動アップデート機能を実装しており、毎日1回以上の頻度(毎年、毎月、毎週ではなく、毎日です・・・)でどんどんマイナーアップデートをしていく仕組みになっています。

今朝の所内チャットシステムで、SKIP-PDW YosemiteのネイティブSDK(ソフトウェア開発キット)が所内公表され、以下の2名のシステム開発者(特許技術者・秘書と兼任)が開発メンバーに加わって、SKIP-PDW Yosemiteの開発プラットフォームが更に魅力的になりました。

内藤浩介

K. T.

さらにパワーアップした、SKIPの所内開発チームの活躍にご期待ください!

2015.09.09

所内業務システムをメジャーアップデートしたSKIP-PDW El Capitanを無事にリリースしました。

SKIPでは、所内のシステム開発者(弁理士・特許技術者と兼任)によって、SKIP独自の業務システムと期限管理システム(PATDATA)との連携システム(SKIP-PDW)の開発を、独自の【つぎはぎITシステム】による業務システムの改善を【アジャイル開発】思想にもとづいて【スクラム】を組んで【DevOps】の手法に基づいて進めています

その結果、2015年9月9日には、SKIP-PDW YosemiteをメジャーアップデートしたSKIP-PDW El Capitanを所内リリースすることができました。

このSKIP-PDW El Capitanでは、下記のような機能が追加されました。

【 El Capitan追加機能 】  

クリックするたびに、もっと仕事が好きになります。

◇所内の秘書全員に請求書作成権限を付与(請求書発行作業の迅速化)

◇為替レート自動取込み機能の実装

◇報告書の自動生成のための雛形の整理

◇弁理士・特許技術者から秘書への事務依頼機能の強化

◇事務担当者の自動振り分け機能の実装

◇カレンダー入力機能の実装

◇ローカルデータとサーバデータの同期機能の強化

◇出願一報、OA一報機能の改善

◇プログラムの自動アップデート機能の実装

◇ユーザからの改善要求のフィードバック機能の実装

◇特定顧客毎の集計リストの自動生成機能の実装

◇不良債権の自動集計+自動債権回収システムの実装

SKIP-PDW は、これまで以上にみんなに愛される業務管理システムになりました。

その最大の魅力の一つは、SKIP独自の業務システムと期限管理システム(PATDATA)との連携機能です。

SKIP-PDW を使えば、驚くようなことを簡単に、毎日のあらゆる業務を楽しくできます。

SKIP-PDW El Capitanは、SKIP-PDW Yosemiteが持つ画期的な機能と美しいデザインをベースに開発され、その体験に磨きをかけ、パフォーマンスを向上させました。

たくさんの小さな進化の積み重ねが、大きな違いを生み出します。

SKIP-PDW El Capitan。この連携システムが、SKIPでの業務管理システムのユーザ体験を新たな高みへ引き上げます。

2015.09.01

秘書グループの人材の入れ替わりに伴って、秘書グループの業務効率化+不要業務の洗い出し(稼げる秘書グループ化 第四弾プロジェクト)を開始しました。

今年は、一部の秘書の退職および新規採用にともなって秘書グループの人材が大きく入れ替わりました。そのため、これを機会に、SKIPでは、下記の所内のシステム開発者(弁理士・特許技術者と兼任)によって、独自の【つぎはぎITシステム】による業務システムの改善を【アジャイル開発】および【DevOps】の手法に基づいて、秘書グループの業務の効率化のためのコーディングを進めています

伊藤寛之

鈴木章太郎

坪龍志

具体的には、秘書グループのメンバーが、各人の業務の中で効率化できそうなポイントを見つけてマクロ開発の要望を所内チャットシステムに挙げてもらっています。その際、必要と思ってやっている業務が実は必要度が高くないことかどうかの検討を行ってもらって、不要業務の洗い出しを進めてもらっています。

例えば、これまでは、経理では、所内の弁理士・特許技術者の各案件の報酬の合計の検算に数時間かかっていましたが、そのような検算は不要であると判断し、毎月数時間が節約できました。このような確認作業は、ミスが発生した時の業務上のダメージとのバランスで考えるようにしてもらっています。すなわち、仮にミスが起きても、所内のメンバーに謝ってすんだり、クライアントには迷惑がかからず、少額の損失ですむ場合には、確認作業を最小にするようにしてもらっています。

このようにして、SKIPの秘書グループには、単にルーチンな事務作業をするだけではなく、所内のシステム開発者と協力して、自分が担当する業務の効率化の提案をしたり、不要な業務を洗い出して廃止したりすることによって、秘書グループの生産性を高める活動をしてもらう体制に移行してもらいます

2015.09.01

秘書グループの人材の入れ替わりに伴って、秘書グループの責任担当制(稼げる秘書グループ化 第三弾プロジェクト)を開始しました。

今年は、一部の秘書の退職および新規採用にともなって秘書グループの人材が大きく入れ替わりました。そのため、これまでは、全ての案件の事務担当を一旦秘書グループのリーダーに割り当てた上で、各担当に振り分けを行っていましたが、 このやり方だと秘書グループのリーダーに負荷が集中しすぎるので、やり方を変えることにしました。

基本的な考えは、「アジア」と「欧米」という区切りを止めて、「外内」と「純国・内外」という区切りで責任を分担することです。 内外の一部をアジア班に移すことも考えましたが、顧客を基準に考えると「外内」と「純国・内外」という区切りで分けた方が シンプルであることと、アジア内外と欧米内外の業務内容は似ているためにこのようにしました。

今後は、SKIPの秘書グループでは、「外内」と「純国・内外」という区切りで、業務内容またはクライアントごとに責任者をあらかじめ決定しておき、事務依頼があると、その責任者が事務担当として自動的に指定されるようになります。 案件が集中したときには、他の人のサポートを受けながら業務を進めるようになります。

このようにして、SKIPの秘書グループには、「アジア」と「欧米」という言語・民族・国籍による区切りでの縦割りをやめて、「外内」と「純国・内外」という仕事内容に基づいた区切りで日本人(日本語&英語対応可能)+朝鮮系中国人(日本語&韓国語&中国語&英語対応可能)がお互いに協力して活動してもらう体制に移行してもらいます

2015.08.14

2015.08.24

奥野弁理士がシリコンバレーのMorrison Foersterでのプロダクト=バイ=プロセスに関する最高裁判例のセミナーで講師を務めました。

奥野彰彦 弁理士が 2015年8月14日(金)~24日(月)にシリコンバレーのモーガンヒルに在住の義姉(妻の姉=日本人)・義兄(義姉の夫=中国系アメリカ人=大学准教授)の家に宿泊しながら、シリコンバレーの企業知財部・特許法律事務所に対して海外営業を行ってきました。

具体的には、シリコンバレーのMorrison Foersterから招待されて、カリフォルニア州弁護士会の認定単位となるセミナーを【Supreme Court Decision about Product by Process Claim in Japan】という題名で多数の米国特許弁護士を相手に行ってきました。おかげさまで、セミナーは盛況となり活発な質疑応答を頂きました。

また、Morrison Foersterでのセミナーに併せて、GoogleNest LabsEvernoteNetFlixなどのIT企業の知財部にお邪魔して、日米の特許実務に関して意見交換を行った上で、シリコンバレーの先進的なIT企業での経営戦略、知財戦略、人材マネジメントなどについて先端ノウハウを学んで参りました。

さらに、今回も、シリコンバレーのIT系・半導体系・バイオ系の企業知財部をクライアントとして開拓し、シリコンバレーの優秀な特許法律事務所を現地代理人として開拓してきました。

2015.08.18

期限管理ソフト:PATDATAのバージョンアップのお知らせ

日本パテントデータサービスにより提供されているPATDATAをVer. 5.0→Ver.5.1へバージョンアップしました。

今回のバージョンアップで以下の機能が追加されました。

【 5月法改正対応機能 】  

◇商標タイプ関連(マドプロ画面の入力、オンライン取込み機能)  

◇国際意匠関連(新規案件作成・編集・保存)

2015.08.03 有機化学・バイオ系の朝鮮系中国人の特許技術者の曹仙子が入所しました。

2015年の8月3日(月)に有機化学・バイオ系の朝鮮系中国人の特許技術者である曹仙子(女性 30代前半 中国弁理士1次試験合格 日本語能力検定1級)が入所しました。

新規採用する予定の東京工業大学大学院生命理工学研究科(有機化学・バイオ系)修士、日本の中堅特許事務所出身の有機化学・バイオ系の朝鮮系中国人の特許技術者である曹仙子を定着させ、2015年末までには戦力化して、有機化学・バイオ系の既存クライアントからの中韓台出願の受任件数の増加に対応していく予定です。よろしくご指導・ご鞭撻のほどお願い致します。

2015.08.03

社会保険・労働保険のオンライン申請手続きを導入しました。

SKIPでは、多くの新入所員が入所するようになり、社会保険・労働保険の手続きを行うことが増えてきました。

そこで、「電子政府の総合窓口(e-Gov:イーガブ)」の電子申請システムを利用して、インターネットを使って社会保険や労働保険の手続きを行えるようにしました。また、労働保険料も口座振替で自動引き落としがされるようにしました。

これで、(1)行政機関・金融機関に出向く移動時間やコストが削減でき、 (2)申請書類の作成が簡単になり事務効率が向上することになります。今後も、SKIPでは、ITをフル活用した業務の効率化に取り組み、クライアントにリーズナブルなサービスを提供するためのコスト削減に取り組んで参ります。

2015.07.28

システム開発者のPCに期限管理システムのクライアントを導入しました。

所員の増加にともなって、最近、SKIP独自の業務システムと期限管理システム(PATDATA)との連携機能にかなりの負荷が生じるようになってきました。

そこで、SKIPでは、下記の所内のシステム開発者(弁理士・特許技術者と兼任)によって、独自の【つぎはぎITシステム】による業務システムの改善を【アジャイル開発】および【DevOps】の手法に基づいて進めています

伊藤寛之

鈴木章太郎

坪龍志

そのため、上記の所内のシステム開発者のPCに期限管理システム(PATDATA)のクライアントソフトをインストールして、システム開発の効率を向上させました。

今後、SKIP独自の業務システムと期限管理システム(PATDATA)との連携機能がさらにスムーズになり、事務担当者の業務効率がさらに向上する予定です。

2015.07.22 奥野弁理士が知的財産研究所の医薬発明の研究会のメンバーに就任しました。

奥野彰彦 弁理士が 2015年7月から知的財産研究所の知財塾のOBとして、知的財産研究所の医薬発明の研究会のメンバーに就任しました。

これまでに医薬・バイオ分野において多くの特許出願、無効審判、審決取消訴訟、特許侵害訴訟を弁理士として代理してきた経験を活かして、ご高名な竹田稔 先生が主催される知的財産研究所の医薬発明の研究会での政策研究・政策立案に貢献していきたいと考えています。

2015.07.21 英語・ITに堪能かつ特許事務の実務経験が豊富な秘書が入所しました。

2015年の7月21日(火)から法政大学文学部英文学科卒、中堅ソフトウェアハウス、中堅特許事務所、有名国立大学の知財部出身の英語・ITに堪能かつ特許事務の実務経験が豊富な秘書(女性 50代)が入所しました。

新規採用する英語・ITに堪能かつ特許事務の実務経験が豊富な秘書を定着させ、2015年末までには戦力化して、国内の新規・既存クライアントからの内外出願の受任件数の増加に対応していく予定です。よろしくご指導・ご鞭撻のほどお願い致します。

2015.07.10 奥野弁理士が日本弁理士会の知財訴訟委員会の第一部会(証拠収集手続きの拡充)の委員長に選任されました。

奥野彰彦 弁理士が 2015年7月10日に日本弁理士会の知財訴訟委員会の第一部会(証拠収集手続きの拡充)の委員長に選任されました。

今後、弁理士会の知財訴訟員会では、内閣府の知財戦略本部特許庁裁判所日弁連知財協知財研などと連携して、知財紛争処理システムの改善に向けた取り組みを行っていく予定です。

奥野彰彦 弁理士としては、このような大役を務めるのは初めての経験ですが、これまでに多くの特許・商標の無効審判・審決取消訴訟・侵害訴訟を代理した経験を活かして、弁理士会の公的活動に貢献していきたいと考えています。

2015.07.10

SKIPの求人情報

■急募 文系弁理士(特許事務・意匠・商標担当)の求人資格←詳細はこちらをクリック!

応募資格:

英語:TOEIC700点(英検2級)以上が必須、TOEIC800点(英検準1級)以上を優遇)

ITスキル:ワード・エクセルの操作ができることが必須、エクセル関数が使えれば優遇、VBAマクロが操作できれば尚優遇

意匠・商標:未経験も歓迎、経験があれば優遇

特許事務:未経験も歓迎、経験があれば優遇

意匠・商標だけでなく、国内事務・欧米事務も担当していただきますので、英語力のある方を積極的に採用させて頂きます。

SKIPでは、業務のIT化を進めていますので、ITにアレルギーのある方には厳しい職場です・・・それ以外の面では楽しい職場ですが・・・

男性・女性問わずに募集しております!

稼げる秘書グループ(代官山で☆キラキラ☆知財系秘書ライフ)

↑応募の参考にしてください

2015.07.10

SKIPの求人情報

■急募 バイオ・化学・材料系の弁理士・特許技術者の求人資格←詳細はこちらをクリック!

応募資格:

学歴:バイオ・化学・材料系の理系修士または理系博士

研究開発経験:未経験も歓迎、経験があれば優遇

知財経験:未経験も歓迎、経験があれば優遇

英語:TOEIC700点(英検2級)以上が必須、TOEIC800点(英検準1級)以上を優遇)

中国語・韓国語:学習意欲があれば歓迎、HSK4級(中国語検定3級)以上、韓国語検定3級以上優遇

ITスキル:ワード・エクセルの操作ができることが必須、エクセル関数が使えれば優遇、VBAマクロが操作できれば尚優遇

理系博士を積極採用

↑応募の参考にしてください

2015.07.10

SKIPの求人情報

■急募 パート・アルバイトの求人資格←詳細はこちらをクリック!

パテントサロンでも募集中です。

応募資格:

ITスキル:ワード・エクセルの操作ができることが必須、エクセル関数が使えれば優遇、VBAマクロが操作できれば尚優遇

週2~3日(週20時間弱 時給1500円 交通費支給)働ける方であれば歓迎します。

既婚女性のための短時間勤務制度あり。

既婚女性の復職大歓迎

↑応募の参考にしてください

2015.07.10

SKIPの求人情報

急募! 国内・欧米・経理事務←詳細はこちらをクリック!

パテントサロンでも募集中です。

応募資格:

英語:TOEIC700点(英検2級)以上が必須、TOEIC800点(英検準1級)以上を優遇。

ITスキル:ワード・エクセルの操作ができることが必須、エクセル関数が使えれば優遇、VBAマクロが操作できれば尚優遇

経理スキル:エクセル関数・エクセルマクロを操作して請求書を発行する業務に抵抗感が無い方を歓迎

国内事務だけでなく、欧米事務も担当していただきますので、英語力のある方を積極的に採用させて頂きます。

SKIPでは、経理のIT化を進めていますので、ITにアレルギーのある方には厳しい職場です・・・それ以外の面では楽しい職場ですが・・・

稼げる秘書グループ(代官山で☆キラキラ☆知財系秘書ライフ)

↑応募の参考にしてください

2015.07.08 英語・スペイン語・ロシア語に堪能な秘書が入所しました。

2015年の7月8日(水)から東京外国語大学ロシア語学科卒、大手損害保険総合職出身の英語・スペイン語・ロシア語に堪能な秘書(女性 40代)が入所しました。

新規採用した英語・スペイン語・ロシア語に堪能な秘書を定着させ、2015年末までには戦力化して、国内の新規・既存クライアントからの欧米+新興国(メキシコ、ロシア)向けの内外出願の受任件数の増加に対応していく予定です。よろしくご指導・ご鞭撻のほどお願い致します。

2015.07.01 安倍良和が特許技術者→秘書グループに人事異動しました。

安倍良和が 2015年7月1日(火)から特許技術者→秘書グループに人事異動しました。

これまでに化学・材料分野において多くの特許出願、中間処理を担当してきた経験を活かして、【弁理士・技術者のニーズが分かる】【稼げる秘書グループ】の中心人物として活躍してもらう予定です。

2015.06.30

第二四半期の黒字化達成のお知らせ

2015 年の第二四半期(法人事業)で黒字化達成((管理会計、概算、累計):売上高 約1億0,821万円, 当期純利益 約1,189万円, 手元現預金 約3,884万円, 有利子負債ゼロ、経営陣等からの短期借入金 約873万円, 不良債権(請求書発行後6ヶ月経過の売掛金)額 300万円弱、自己資本比率 60%強)

SKIPは、銀行などからの有利子負債はゼロであり、常に売上の2ヶ月分の手元現預金を準備しておりますので、資金繰り ショートによる倒産の心配はありません。創業から6年たち、ようやくSKIPが高利益体質に生まれ変わりましたので、2015年1月~新しく構築した与信管理システム+債権回収システムをきちんと運用して不良債権をゼロにし、経営陣等からの短期借入金の返済を進め、2015年末までに完全無借金経営に移行してさらに強力な財務体質を構築することを目指します。
2015.06.30 夏の事務ボーナス(200万円)支給のお知らせ

2015年の上半期の売上が目標を達成しました。そのため、SK特許業務法人の売上(管理会計上の売上総利益=粗利とほぼ同じ)の2%を事務グループのメンバーに還元するために、総額約200万円のクエスト達成報酬(上半期の事務ボーナス)を支給しました。今後も、事務グループのメンバーに多くのボーナスを支給することができるように、さらに売上向上、コスト削減、不良債権の低減などの財務体質の改善に取り組んでまいります。

2015.06.30

代理案件数の累計5,200件突破のお知らせ

新規・既存クライアントのご愛顧の御蔭で、SKIPの代理案件数(出願、中途受任、鑑定など)の累計が5,200件を突破しました。

2015.06.15

期限管理ソフト:PATDATAのデータ棚卸し(四半期ごと)を行いました。

日本パテントデータサービスによるPATDATAの保守サービスに加入し、PATDATAを最新版へバージョンアップした結果、コスモテックの倒産に伴うPATDATAの保守の問題がようやく根本的に解決いたしました。

これを機会に、PATDATAに入力されている期限管理データ自体の正確性を保証するために、PATDATAのデータの棚卸作業を行いました。今後は四半期毎にPATDATAのデータの棚卸作業を行ってまいります。

具体的には、日米欧中韓台などの主要国について、重要な期限(例えば、審査請求期限など)の消失+入力ミスなどが無いかどうかの確認作業を行いました。なお、これらの確認作業自体もマクロなどをフル活用して自動化して効率的な棚卸作業を行いました。

2015.06.15

新規外内案件の受付の二重化:新規外内案件の受任漏防止対策はじめました

SKIPでは、2015年に入って新規・既存の海外クライアントからの外内案件の新規・中途の受任件数が着実に増加しております。その中でも、多くの新規の外内案件のご依頼はメールで受任するケースが多いため、クライアントからのご依頼が大量の受診メールに埋もれてしまって見落とされるリスクが顕在化してきました。

これを機会に、SKIPでは、2015年の6月15日(月)~全ての新規受任の外内案件(特に事故が起こりやすいPCT出願のJPOへの国内移行案件)について【新規外内案件の受付の二重化】の運用を開始しました。詳しい運用については、こちらを御覧ください。

この【新規外内案件の受付の二重化】の運用の開始によって、今後SKIPでは、新規外内案件の受付漏れの事故が効果的に防止されることになる予定です。

2015.06.10

有機化学・医薬・バイオ系の中国弁理士の李若欣が入所しました。

2015年の6月10日に有機化学・医薬・バイオ系の中国弁理士である李若欣(男性 20代後半 CET(中国英検)6級(日本英検1級相当) 日本語能力検定1級)が入所しました。

新規採用した瀋陽薬科大学薬学科(日本語コース)(有機化学・医薬・バイオ系)学士、中国の大手特許事務所である北京集佳知識産権代理有限公司(UNITALEN)出身有機化学・医薬・バイオ系の中国弁理士である李若欣を定着させ、2015年秋までには戦力化して、有機化学・医薬・バイオ系の既存クライアントからの中台出願の受任件数の増加に対応していく予定です。よろしくご指導・ご鞭撻のほどお願い致します。

2015.06.04

SKIPが共同代理している特許権侵害訴訟における販売等差止仮処分命令のお知らせ

播磨灘産蒸しかき「珠せいろ」が平成26年度内閣総理大臣賞を受賞

上記のリンク先でもお知らせした通り、弊所のクライアントの特許製品(特許番号 特許第5364214号)である【珠せいろ】が栄誉ある【内閣総理大臣賞】を受賞し、昨年の勤労感謝の日に明治神宮会館で開催された新嘗祭(農林水産祭式典)で表彰されました。

この新製品に対する類似品が発売され、SKIPが大阪の室谷法律事務所と共同代理する形で大阪地方裁判所の知的財産専門部に特許侵害訴訟(平成26年(ワ)第8931号)を提起しておりましたが、このたび下記のリンク先の通り販売等差止仮処分命令(仮処分命令申立 平成26年(ヨ)第20014号))が出されました。

現在、本案訴訟(平成26年(ワ)第8931号)が大阪地方裁判所に係属しており、損害賠償請求について審理が進められております。

SKIPは、これからもクライアントの研究開発の成果を知的財産権として権利化するお手伝いをさせて頂くともに、クライアントの競争力の源泉である技術を守るためクライアントの競合企業による知的財産権の侵害行為に対しては、法律事務所との共同代理による特許権侵害訴訟を通じて断固たる対応を講じていく所存です。

2015.06.04

PATDATAサーバの二重化(予備サーバのHyper-V上での予備PATDATAの稼働)を行いました。

SKIPでは、現在、PatDataに何らかの不具合が生じたときに備えて、PatDataの稼働しているサーバのイメージバックアップをとっておき、PatDataの案件データも毎晩バックアップをとっています。

6月4日(木)には、トラブルが発生した場合を想定して予行演習を行いました。具体的には、そのイメージバックアップを予備サーバーに戻してHyper-V上で仮想化したPatDataを復帰させ、前日の晩にバックアップした案件データをインポートして、PatDataを継続的に稼働させました。

これで、仮にPATDATAの本番サーバがトラブルを起こしても、JPDSによる本番サーバの修理が終わるまでの間(早ければ当日または翌日、遅ければ1週間くらいかかる可能性があります・・・)、しばらく予備サーバのPatDataを基幹データベースとして使いつづけることができる体制が整いましたのでご安心ください。

2015.06.03 押谷弁理士が知的財産研究所の知財塾の第9期の塾生に就任しました。

押谷昌宗 弁理士が 2015年6月3日から知的財産研究所の知財塾の第9期の塾生に就任しました。これまでに企業の知財部で弁理士として活躍してきた経験を活かして、ご高名な竹田稔 先生が主催されている名門の人材育成機関である知財塾(ちなみに、奥野彰彦 弁理士が第1期の塾生です・・・)での政策研究・政策立案に貢献していきたいと考えています。

2015.06.02

押谷、勉強会はじめるってよ:SKIPの所内勉強会第一弾(判例研究会)創設のお知らせ

SKIPに若手の所員が増えてきた結果、若手の自発的提案でSKIPの所内に勉強会(事務局:押谷、会員:内藤)が発足しました。

SKIPの会議室で、2週間に1回、知財分野の判例の勉強会を行う予定です。SKIPの若手の所員が知財分野の判例に詳しくなり、実務に活かしてくれればと思います。

2015.05.15

SKIPの求人情報

急募! 国内・欧米・経理事務←詳細はこちらをクリック!

パテントサロンでも募集中です。

応募資格:

英語:TOEIC700点(英検2級)以上が必須、TOEIC800点(英検準1級)以上を優遇。

ITスキル:ワード・エクセルの操作ができることが必須、エクセル関数が使えれば優遇、VBAマクロが操作できれば尚優遇

経理スキル:エクセル関数・エクセルマクロを操作して請求書を発行する業務に抵抗感が無い方を歓迎

国内事務だけでなく、欧米事務も担当していただきますので、英語力のある方を積極的に採用させて頂きます。

SKIPでは、経理のIT化を進めていますので、ITにアレルギーのある方には厳しい職場です・・・それ以外の面では楽しい職場ですが・・・

稼げる秘書グループ(代官山で☆キラキラ☆知財系秘書ライフ)

↑応募の参考にしてください

2015.05.15

OAの急増にともなって、意匠・商標業務の秘書グループへの一部移管(稼げる秘書グループ化 第二弾プロジェクト)を開始しました。


SKIPが創業から7年目に突入し、これまでに特許出願等した案件のOAの発行件数が急増し始めてきました。

そのため、所内の弁理士・特許技術者のOA応答のための負荷も増加してきましたので、これまで弁理士・特許技術者が担当してきた意匠・商標業務の一部を秘書グループに移管する作業を開始しました。 まずは、主に中韓台から日本への意匠・商標の外内案件を中心に秘書グループに移管を開始しています。今後、弁理士・特許技術者が増加し続けている特許案件の出願・OA応答に集中することができるように、少しずつ意匠・商標案件を秘書グループに移管していきます。もちろん、意匠・商標業務に積極的に取り組んでくれる秘書には、弁理士・特許技術者などのように業務内容に応じて多くの報酬をもらってもらう予定です。

このようにして、SKIPの秘書グループには、年金管理・審査請求・意匠・商標なども含めた売上の立つ業務も一部担当して、利益を生み出すプロフィットセンターとして活動してもらっています

2015.05.15
若手人材育成のために知財協の各種研修に申し込みました。

日本知的財産協会(知財協)の賛助会員に加入したことをきっかけに、外国特許出願の際の参考資料とするために知財協の発行している各種報告書を購入し、若手人材の育成のために知財協の各種研修に参加申込をしました。

2015.05.15

弁理士職業賠償責任保険:特約3種類全部載せ(つゆだく)のお知らせ

日本弁理士協同組合による弁理士職業賠償責任保険を更新し、情報漏えい担保特約+国外請求担保特約+特定侵害訴訟代理業務担保特約にもすべて加入しました。また、賠償上限額も高額(つゆだく)に設定しました。

もちろん、そもそも事故を起こさないように細心の注意を払い、保険を使わなくて済むように気をつけてまいります。

2015.05.07

期限管理ソフト:PATDATAのバージョンアップのお知らせ

日本パテントデータサービスによるPATDATAの保守サービスに加入し、PATDATAをVer. 4.2→Ver. 5.0へバージョンアップしました。

コスモテックの倒産に伴うPATDATAの保守の問題がようやく根本的に解決いたしました。

2015.04.27

意匠・商標系の朝鮮系中国人の中国弁護士(金玉蘭)が入所しました。

2015年の4月27日に意匠・商標系の朝鮮系中国人の中国弁護士である金玉蘭(女性 20代後半 日本語能力検定1級)が入所しました。

新規採用した吉林大学法学部卒(意匠・商標系)学士、韓国の大手食品メーカーであるLOTTEグループ出身の意匠・商標系の朝鮮系中国人の中国弁護士である金玉蘭を定着させ、2015年秋までには戦力化して、新規・既存クライアントからの中韓台への意匠・商標出願および中韓台での侵害訴訟・審決取消訴訟・無効審判などの受任件数の増加に対応していく予定です。よろしくご指導・ご鞭撻のほどお願い致します。

2015.04.01 押谷弁理士が日本弁理士会の知財活用推進委員会の委員に就任しました。

押谷昌宗 弁理士が 2015年4月1日から日本弁理士会の知財活用推進委員会の委員に就任しました。これまでに企業の知財部で弁理士として活躍してきた経験を活かして、弁理士会の公的活動に貢献していきたいと考えています。

2015.04.01 奥野弁理士が日本弁理士会の知財訴訟委員会の委員に就任しました。

奥野彰彦 弁理士が 2015年4月1日から日本弁理士会の知財訴訟委員会の委員に就任しました。これまでに多くの特許・商標の無効審判・審決取消訴訟・侵害訴訟を代理した経験を活かして、弁理士会の公的活動に貢献していきたいと考えています。

2015.04.01

秘書グループのベア5,000円満額回答のお知らせ

SKIPでは、秘書グループの役割を弁理士・特許技術者の単なるサポート役であるとは考えておらず、秘書グループ自ら付加価値を生み出す、【プロフィットセンターとしての秘書グループ】と位置づけています。例えば、2015年4月1日~秘書グループに年金管理業務等を完全に移管して、自ら稼げる秘書グループへと変身を図ってもらうことにしました(仕事はちょっとしんどくなりますが・・・・)。その代わり、秘書グループの全所員の基本報酬を一律で5,000円アップして、年金管理業務等から生まれる付加価値を一部還元することとしました。 なお、秘書グループの所員の定期昇給については、ベアとは別に四半期ごとに随時行ってまいります。

2015.04.01 SKIPの所員数が20名を超え、中堅特許事務所に仲間入りしました。

2015年の4月1日からSKIPの所員数が20名を超え、いわゆる中堅特許事務所に仲間入りしました。これまで以上に充実したマンパワー・組織力を活かして、新規・既存クライアントにさらに高品質・低価格・短納期のサービスを提供していく予定です。よろしくご支援・ご愛顧のほどお願い致します。

2015.04.01 電機・制御・IT系の特許技術者(内藤浩介)が入所しました。

2015年の4月1日から電機・制御・IT系の特許技術者である内藤浩介(男性 20代後半 TOEIC865)が入所しました。

新規採用した京都大学情報学研究科(電機・制御・IT系)修士、関西の中堅特許事務所出身の電機・制御・IT系の特許技術者である内藤浩介を定着させ、2015年夏までには戦力化して、電機・制御・IT系の新規クライアントか らの受任件数の増加に対応していく予定です。よろしくご指導・ご鞭撻のほどお願い致します。

2015.04.01 有機化学・材料系の特許技術者(坪龍志)が入所しました。

2015年の4月1日から有機化学・材料系の理系博士である坪龍志(男性 20代後半 TOEIC800)が入所しました。

新規採用した慶應義塾大学理工学研究科(有機化学・材料系)博士の有機化学・材料系の特許技術者である坪龍志を定着させ、2015年夏までには戦力化して、有機化学・材料系の新規クライアントからの受任件数の増加に対応していく予定です。よろしくご指導・ご鞭撻のほどお願い致します。

2015.04.01
日本知的財産協会(知財協)に加入しました。

2015年の4月1日からSKIPは、日本知的財産協会(知財協)の賛助会員に加入しました。 知財協の発行している知財管理誌、各種報告書を購読し、知財協の各種研修に弊所のスタッフを参加させ、 弊所のスタッフの人材育成に活用させて頂きます。

2015.03.31

第一四半期の黒字化達成のお知らせ

2015 年の第一四半期(法人事業)で黒字化達成((管理会計、確定、累計):売上高 約5,718万円, 当期純利益 約1,001万円, 手元現預金 約4,489万円, 有利子負債ゼロ、経営陣等からの短期借入金 約1,180万円, 不良債権(請求書発行後6ヶ月経過の売掛金)額 約330万円、自己資本比率 60%強)

SKIPは、銀行などからの有利子負債はゼロであり、常に売上の2ヶ月分の手元現預金を準備しておりますので、資金繰り ショートによる倒産の心配はありません。創業から6年たち、ようやくSKIPが高利益体質に生まれ変わりましたので、2015年1月~新しく構築した与信管理システム+債権回収システムをきちんと運用して不良債権をゼロにし、経営陣等からの短期借入金の返済を進め、2015年末までに完全無借金経営に移行してさらに強力な財務体質を構築することを目指します。
2015.03.31

代理案件数の累計4,900件突破のお知らせ

新規・既存クライアントのご愛顧の御蔭で、SKIPの代理案件数(出願、中途受任、鑑定など)の累計が4,900件を突破しました。

2015.03.16 無機化学・材料系の朝鮮系中国人の特許技術者(朴永燦)が入所しました。

2015年の3月16日(月)に無機化学・材料系の朝鮮系中国人の特許技術者である朴永燦(男性 20代後半 TOEIC800超 日本語能力検定1級)が入所しました。

新規採用した青島理工大学工学部(無機化学・材料系)学士、NAVER CHINA出身の無機化学・材料系の朝鮮系中国人の特許技術者である朴永燦を定着させ、2015年夏までには戦力化して、化学・材料系の既存クライアントからの中韓台出願の受任件数の増加に対応していく予定です。よろしくご指導・ご鞭撻のほどお願い致します。

2015.02.27

2014年度の法人税納付のご報告

2014年の年間の法人税額等6,315千円を支払いました。
弊所顧問 浅田会計事務所が法人税額等を計算

今後も、浅田会計の指導の下で適正納税を行って参ります。

2015.02.27

2014年度の確定決算のご報告

2014年の決算(法人事業)で黒字化達成:売上高 2億0,677万円, 当期純利益 1,946万円, 手元現預金 3,462万円€ 有利子負債ゼロ、経営陣からの短期借入金1,414万円)
弊所顧問 浅田会計事務所が 決算を作成

SK特許業務法人のコスト構造(管理会計 2014年度実績)
売上                 100.0%
総費用               90.6%             
総費用のうち給与等       76.8%
総費用のうちオフィス賃料    2.8%
総費用のうち減価償却費    0.0%
総費用のうち租税公課      0.1%    
総費用のうち外注翻訳費    5.4%
総費用のうち支払利息      0.0%
その他経費             5.5%
設備投資(有形)         0.0%
設備投資(無形)         0.0%
営業利益              9.4%

特許業界の平均に比べても、オフィス賃料、その他経費、外注翻訳費を低く抑えることができ、充分な法人利益を出すことができ、所員にも多くの報酬(平均年収 約850万円)を支給することが出来ました。今後も、無駄遣いを減らしてオフィス賃料、その他経費を低く押さえ、翻訳の内製化を進めて外注翻訳費を低減して、クライアントに安くて良質なサービスを提供してまいります。

2015.02.25
「バイオ特許の明細書、OA応答 ~抗体を中心に~(入門編)」セミナーの好評御礼

徳重大輔が 2015年2月25日に情報機構の主催する「バイオ医薬品の特許明細書作成・OA応答の留意点-抗体医薬品特許を中心に-」の講演を行いました。

2015.02.17

SKIPの求人情報

急募! 朝鮮系中国人の弁理士・特許技術者←詳細はこちらをクリック

応募資格:電機、機械、制御、半導体、化学、バイオ、材料などの技術分野で、特許出願、中間処理の経験3年以上

 ビジネスレベルの日本語力(日本語能力試験1級が必須)

 母国語レベルの中国語力・韓国語力(朝鮮系中国人)

 ビジネスレベルの英語力があれば尚可

 朝鮮系中国人大歓迎

↑応募の参考(日本語)にしてください

 ★中国朝鲜族大欢迎★

↑応募の参考(中国語)にしてください

 사원모집] ◆◆일본회사직접채용◆◆도쿄 시부야 모 특허법률사무소에서 【특허기술자/비서 정사원】 모집 【학생→취업비자 전환 가능】

↑応募の参考(韓国語)にしてください

2015.02.01

出張日当の拡充のお知らせ

日当精算の制度を2月から、以下のように変更しました。

日当の精算:以下のとおり

片道1時間30分以内:1000円/1日

片道1時間30分超:3000円/1日

海外:5000円/1日

宿泊費:実費

*なお、移動時間は、グーグル・マップの経路検索で代官山・渋谷・恵比寿駅~電車ルート~最寄駅の所要時間で計算します。

日当は、出張の際の飲食費・土産代(クライアントへの土産代・クライアントとの会食費は別途精算可)などの自己負担をまかなうためのものです。 これまでは、同じ関東でも、栃木、群馬、銚子、小田原などに出張しても日当が1000円しかつかず、飲食費・土産代などに不足することがあったので、片道1時間30分を超えれば日当が3000円もらえるようにしました。

2015.02.01

超々近距離手当(月3万円)の創設のお知らせ

近距離手当の制度を2月から、以下のように変更しました。

超超近距離手当:Google Mapの表示でオフィスまで徒歩20分以内 支給額3万円

超近距離手当:Google Mapの表示でオフィスから4km以内 支給額1.5万円

近距離手当:定期代が1万円未満の場合 支給額1万円

原則:1ヶ月の定期代

近距離手当の導入の趣旨は、以下の通りであり、期待通りの成果がでていると感じていますので、 制度を拡充して、オフィスの近くに住むことをさらに促進することが制度改正の理由です。

(1)交通機関の乱れの影響を受けにくいことによる生産性向上

(2)通勤による疲労をなくすことによる生産性向上

(3)自由時間が増えることによって仕事・勉強に費やす時間が増大することによる生産性向上

2015.01.30 決算ボーナス(240万円)支給のお知らせ

2014年の決算が予定よりも好調でした。そのため、SK特許業務法人の純利益率10%を超える超過利益を所員に還元するために、クエスト達成報酬(決算ボーナス)+所員の使い残しの有給休暇を買取のために合計240万円を支給しました。

2015.01.13 電機・制御・IT系の弁理士(押谷昌宗)が入所しました。

2015年の1月13日(火)に電機・制御・IT系の弁理士である押谷昌宗(男性 20代後半 TOEIC700超)が入所しました。新規採用した大阪大学基礎工学研究科(電機・制御・IT系)修士、富士ゼロックス知財部門出身の電機・制御・IT系の弁理士である押谷昌宗を定着させ、2015年春までには戦力化して、電機・制御・IT系の新規クライアントか らの受任件数の増加に対応していく予定です。よろしくご指導・ご鞭撻のほどお願い致します。

2015.01.01

【販売再開!2015年1月1日~マンパワー増強により新規受付を再開いたしました】

 

 

2015年1月1日~待望の新規受付を再開いたしましたので、新規のクライアントにおかれましても、遠慮無くSKIPに新規のご依頼をいただければ嬉しく思います。2015年も、SKIP名物の「外国出願費用を30%以上削減する方法」を通じて、既存クライアント・新規クライアントの皆様の 「リーン知財戦略」の実現をサポートさせていただきますのでよろしくお願い致します。

2015.01.01

謹賀新年 2015年も一緒にSKIPしてください。

クライアントの皆様に支えて頂いて、SKIPもようやく創業7周年目に突入しました。

 

 

2014年を通じて若くて優秀な人材増強に努めた結果、2014年末にはようやく所員が夜中まで残業、毎週の休日出勤をしなくても仕事がこなせるようになりました。2015年上半期には、優秀な20代後半の3名の弁理士・特許技術者がさらに加入する予定ですので、ご指導の程よろしくお願い致します。