SK IP LAW FIRM

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


SK特許業務法人
〒150-0012
東京都渋谷区広尾3-12-40
広尾ビル4階
TEL 03-6712-6985
FAX 03-6893-1412

SK特許業務法人の知財戦略ブログ

SK特許業務法人 特許実務メモ

 


■アメーバ経営(新入所員→メンター→ジュニアパートナーへ成長)

SKIPでは、経営ミッションを実現するための強力な組織を育成していくために、メンター制度と組み合わせた独自のアメーバ経営による組織マネジメントシステムを構築しています。

SKIPに入所すると、新入所員は、案件ごとにいずれかの既存所員(メンター)の弟子になります。 メンターは、案件ごとにその弟子に指導する義務を負います。 一方、弟子は、案件ごとにメンターの指導に従う義務を負います。

メンターは、自分が担当する弟子の案件を基本的にはチェックする義務を負います。 その場合、メンターは、弟子の指導について通常どおりの指導歩合(ただし、弟子がまだ研修中の間は、担当歩合+指導歩合の合計が70%となる)をもらいます。

もっとも、メンターは、自分の能力では指導が困難な案件については、他のメンバーに指導をしてもらってもOKです。その場合には、当然ながら、代わりに指 導した人が弟子の指導について通常どおりの指導歩合(ただし、弟子がまだ研修中の間は、担当歩合+指導歩合の合計が70%となる)をもらいます。

SKIPでは、このメンター制度に、ミスミの「上司を選べるがらがらポン制度」を組み合わせています。すなわち、弟子は自分のメンターをいつでも選び直すことが可能です。なので、案件ごとに、誰がメンターになるかは変わりますし。場合によっては、メンターと弟子の立場が入れ替わったりします。

この際、各メンター(メンターに立候補するには奥野&伊藤の同意が必要)は、自分の指導方針をプレゼンして、そのプレゼンによって、弟子はどのメンターに指導してもらいたいか選ぶことができます。

SKIPでは、奥野が会ったこともないのに勝手に尊敬するミスミの創業者の田口弘先生のお考えをデタラメな解釈で(合法的に)真似して、このような仕組みを導入しております。

そのため、アホな経営陣(奥野など)や中間管理職(アホな奥野の腰巾着)にへいこらと媚を売らなくても冷や飯を食らわされたり、出世できなくなるというこ とはありません。若手の部下のハートをがっちりと掴んでちゃんと人材育成をし、売上という形で目に見える成果を上げ続ければ、腹芸をしたり根回しをしたり 派閥工作をしたりしなくても淡々と仕事をするだけで全自動で勝手に出世できる仕組みになっています。

簡単に言えば、SKIPは、所内政治・所内派閥を極限まで排斥した完全実力主義の特許事務所だと言えます。これまでお勤めの特許事務所で「クソ所長め、覚えていやがれ!」とおもった方は、SKIPに転職して年収倍にして見返してやるという気概をもってSKIPにご転職を検討いただければ嬉しく思います。

興味がある人は、以下のページも ご参照下さい。応募の秘密は当然厳守します。

SK IP LAW FIRM採用ページ